導入事例サマリー

導入事例サマリー

ES/1 NEO APMシリーズの導入効果

全てのお客様が、導入してすぐに

問題解決ができるようになりました。



株式会社 日立ハイテクノロジーズ 様

詳細はこちら

会社概要

会社概要

  • 「科学・医用システム」「電子デバイスシステム」「産業システム」「先端産業部材」の4つのセグメントにおいてグローバルに事業を展開
導入背景

導入背景

  • ビジネス全体にかかわるPLMシステムに対し、継続して性能改善を実施しているが、ユーザーからは更に速いレスポンスを求められていた
  • 要望に応えるためには、性能分析作業を効率化する必要があった
課題

課題

  • レスポンス測定、ログデータ収集、データ集計の工数が膨大
  • 人手での分析では原因特定までに時間がかかる
  • 分析作業は特定の担当者に依存
導入効果

導入効果

  • レスポンス測定やデータ集計が自動化され、分析データの精度がアップ
  • 性能分析作業が効率化、大幅な工数削減を実現し、リリーススピードや品質が向上
  • 属人化を排除、誰でも分析が可能に

NSKネットアンドシステム株式会社 様

詳細はこちら

会社概要

会社概要

  • ベアリング、自動車部品、精機製品の開発・製造・販売を手がける日本精工の完全子会社
  • 日本精工グループ企業のシステムを一手に引き受け、開発から運用・保守サービスまでを提供
導入背景

導入背景

  • グループのASEAN販売システムにて、WebSphereのJVMヒープ不足によるOutOf Memoryが発生
  • 根本原因の特定と対応のための分析に苦慮していた
課題

課題

  • エラーログからは問題処理を特定することが難しい
  • シスログやアプリログが紐付かず「問題処理にあたりを付けて」対処を実施
  • 分析工数が1日~2日もかかる
導入効果

導入効果

  • 問題処理をすぐに特定。さらに、発生条件、改善すべき箇所も容易に把握
  • 突発的な問題発生の頻度は激減し、品質向上を実現
  • 問題処理特定までに15分、検証も3時間程度と分析時間を大幅短縮

古野電気株式会社 様

詳細はこちら

会社概要

会社概要

  • 航海機器、魚群探知機などの総合船舶電子機器の世界的トップメーカー
導入背景

導入背景

  • 船舶電子機器は、お客様のニーズにあわせて、多くの部品を組合わせて製造する
  • 組合せのための「品目検索」の処理が遅く、早期解決が急務となっていた
課題

課題

  • 「品目検索」のレスポンスが遅いため、お客様、利用部門に満足するサービスが提供できていない
  • 性能改善のために2か月かけて、SQL Serverの分析をするも、改善がみられなかった
導入効果

導入効果

  • わずか数分で問題となっていたプログラムを特定
  • Dynatraceのデータを開発ベンダーへ連携し、改善策がすぐに提示された
  • チューニング後、レスポンスが5秒から 0.2秒へ改善

日清丸紅飼料株式会社 様

詳細はこちら

会社概要

会社概要

  • 高品質でユーザ本位の飼料供給を行う、配合飼料メーカー
  • 水産用飼料では国内トップシェアを誇る
導入背景

導入背景

  • ERPパッケージを利用した基幹システムにて、稼働当初からレスポンス遅延が発生
  • 1年以上、分析・チューニングを実施するも解決に至らず
課題

課題

  • パッケージ内部の動きがブラックボックス化しており、ボトルネックの特定が困難
  • データに基づいた分析と対策ができていない
導入効果

導入効果

  • 遅延原因が大量のSQLの発行による、I/Oの多発であることを即座に特定
  • Dynatraceのデータを開発ベンダーと連携し、改善策として提示された、DBインデックスの再編を実施
  • レスポンスは20秒から1秒に大幅改善

株式会社 マクロミル 様

詳細はこちら

会社概要

会社概要

  • 高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニー
導入背景

導入背景

  • 基幹システムのアプリケーションの仕様が複雑化しており、問題の切り分けに時間がかかっていた
  • 性能分析はスキルの高い担当者に依存
課題

課題

  • 問題発生時の原因分析に多くの時間がかかっている
  • スキルの高い担当者だけでなく、経験の浅い担当者でも性能分析ができる体制が必要であった
導入効果

導入効果

  • 遅延しているURIと呼出し元のメソッドを紐付けて出力するため、問題箇所を即座に特定
  • 性能分析工数は、3人日⇒4時間へ大幅削減
  • 複雑な操作が不要なため、誰でも性能分析が可能

金融系IT企業 様

会社概要

会社概要

  • 金融系を中心とした、システムインテグレーション、開発、運用
導入背景

導入背景

  • システム再構築プロジェクトにて、10秒以内に定めた性能目標が達成できていない
  • 性能目標を達成するため、高スキルの担当者が分析とチューニングを繰返し実施
課題

課題

  • 人手での性能分析では対応スピードに限界がある
  • 性能分析には多くの工数がかかり、担当者の負荷軽減が必要
導入効果

導入効果

  • アプリのログ出力処理が遅延原因であることを即座に特定
  • 性能分析の工数が57人日から8人日へ激減
  • レスポンスが23秒から6秒へ改善 し、性能目標を達成

IT系企業 様

会社概要

会社概要

  • システムインテグレーション、開発、運用
導入背景

導入背景

  • 情報分析の基幹システムにてレスポンス遅延が発生し、ユーザから多数のクレームが発生している
  • パッケージベンダーに調査を依頼するも遅々として進まず
課題

課題

  • パッケージの問題なのか、自社でアドオンしたプログラムの問題なのか、原因切り分けができていない
  • 原因がわからないため、パッケージベンダーに対し強く改善依頼を出せない
導入効果

導入効果

  • パッケージの内部処理の待ちが遅延原因であることを即座に特定
  • ピンポイントに問題を指摘できたため、パッケージベンダーは即刻パッケージ改修を実施した
  • パッケージ改修後、ユーザからのクレームが激減