コスト削減事例

IIMコンサルティングによるコスト削減事例をご紹介します。

 効 果 課 題 解決策 分類 ES/1
【1】メモリ増強費用の抑制 ハードウェア増強の是非が判断できない メモリチューニングとユーザ指導 金銭
(時間)
CS
【2】メモリ増強費用の抑制 メーカのメモリ増設提案の検証ができない メモリチューニング 金銭 CS
【3】CPU増強費用の抑制 メーカのCPU増強提案の検証ができない CPUを多く使用するジョブの運用変更 金銭
(時間)
CS
【4】オンライン遅延の改善
CPU過負荷によりオンラインレスポンスが悪化 CPU保護機能によるオンライン業務CPU確保とパラメータ変更によるオーバーヘッドの削減
 時間 MF
【5】増強コストの適正化
バッチ業務遅延によりオンラインが開始できない CPUではなくI/Oネックだったので、高速ディスク装置を導入 金銭
(時間)
MF
【6】運用コストの適正化 サーバ800台の統合案が分からない 低負荷なサーバを洗い出し統合し、全体を650台に削減 金銭
CS
【7】WLCコストの削減
CPU使用率の増加に伴いMSU課金が高騰 パラメータ設定変更によるオーバーヘッドの削減
金銭 MF
【8】CPU有効利用
特異なCPU使用状況の原因が分からない
コマンドループの解消
時間 CS
【9】メモリ増強費用の抑制
レスポンス悪化の原因が特定できない メモリ割当ての変更によりOracleのバッファキャッシュヒット率を改善
時間 CS
【10】ディスク増設費用の抑制
メーカのディスク増設提案の検証ができない
未使用のデータセットを洗い出して削除
金銭 MF
【11】統合時の集約率の向上
ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない 業務やピーク特定の分析 仮想化
統合支援
CS
【12】費用をかけずにレスポンス問題を解決
VMwareにおけるレスポンス悪化の原因が分からない
負荷の高いゲストOSを他のVMware ESXに移動
仮想
統合支援
(時間)

CS
【13】統合における予算を計画の2/3に縮小 客観的根拠に基づいた統合案が策定できない
業務ごとの予測分析による統合案の策定 金銭
CS
【14】リプレース費用の抑制
メーカのリプレース提案が妥当かどうか判断できない リプレースを取りやめ、保守の延長を実施 金銭
CS
【15】月報作成工数の削減
人出による月報作成に非常に時間がかかる ES/1により月報作成を自動化
金銭
時間)
CS
【16】稼働報告書作成体制の構築
システムの稼働報告書をタイムリーに報告
 ES/1により月報作成を自動化  時間 CS
【17】ストレージ追加費用の抑制
ストレージを追加せずにVMwareに統合したい 未使用のゲストOSとストレージ領域を洗い出して削除  仮想化統合支援(金銭)  CS
【18】CPU増強費用とOracleライセンスの増額を抑制
DBサーバのCPU増強提案の検証ができない 問題箇所を的確に分析し、Web/APサーバの増強に変更 金銭 CS