【2】メモリー増強費用の抑制

【2】メモリー増強費用の抑制

メーカからのメモリ増設(約2,000万円)提案を回避
(無駄なコストを抑制)

きっかけ

IIMの定期性能評価

一時的にAPサーバ1号機のメモリーが不足する時間帯がたびたびあることを発見しました。

(グラフ1:メモリ不足を発見)

今後、ピーク月に遅延が発生しないように開発メーカへメモリー利用状況を確認されるよう、IIMからシステム部門へアドバイスしました。

システム部門からメーカへ問い合わせ

開発メーカからの回答

問い合わせの結果、APサーバ前代(20台)に対し、メモリーの増設 作業費用(約2,000万円)を提案されました。

▲Page Top

IIMのによるメーカ提案の検証

ES/1による性能評価を実施し、出力されたチューニングヒントとSEコンサルティングの結果、以下のことが判明しました。

APサーバのメモリ評価

メモリは全体的には少し余っていると評価しましたが、一時的に不足する時間帯があり、CPUを多く利用しているコマンドがありました。

(グラフ2:メモリ不足時にCPUを利用したコマンドを発見)


グラフ2においてCPUを多く利用していたコマンド(プログラム)A、B、Cに関して、システム部門から開発メーカへ、下記2点を確認いただくようIIMから依頼しました。
 
①メモリマッピング(OS、AP、I/Oバッファ等のメモリ割り当て)の比率
②メモリを無駄に消費しているプログラムがないかどうか。


開発メーカの対応

IIMのアドバイスを受け、メーカが対応

①I/Oバッファ領域が過大だったため、I/Oバッファを小さくし、AP、OSに割り当てるメモリを増加させました。
②調査の結果、メモリを無駄に消費しているプログラム(コマンドC)を発見し、停止させることで、空きメモリを確保することができました。

結 果

・約2,000万円のメモリ増設費用が不要となりました。
・メモリの割り当て見直しにより、ピーク月も問題なく安定稼働しています。