プロテクトキャット

プロテクトキャット Powered by Cylance

驚異のマルウェア検知率99.7%、新世代のサイバー攻撃対策ツール

 
 
 
 
 
 
 
 
AIを活用し、既知のマルウェアだけでなく、新種のサイバー攻撃も検知しブロックします。さらに、マルウェアの侵入原因を特定し、迅速な再発防止対応が可能となります。

メリット
  • 既知・未知のマルウェアを駆動前に検知・隔離
  • ブロックしたマルウェアの迅速な感染経路分析と再発防止
  • 誤検知がほとんどなく、煩雑なメンテナンス作業が不要
  • インターネットに繋がらないエンドポイントも防御

特 長
  • AIを利用した高い感染防御率  : 99.7%
  • 正確な判定による低い誤検知率 : 0.002%
  • エンドポイントの平均CPU負荷 : 0.3%

機能

1.AIエンジンを活用した次世代マルウェア実行制御機能
プロテクトキャットはAIエンジンを活用。これまでのウイルス対策ソフトやふるまい検知、サンドボックスのように止められないことが前提の事後対策ではなく、未知の脅威でも実行前に検知し防御することができます。



▲Page Top

2.AIによる予測防御
クラウドにあるAIに10億のファイルを学習させ、各ファイルから最大700万の特徴を抽出。マルウェアか正常ファイルかを判断する数理モデル(アルゴリズム)を作成し、エンドポイントに導入します。以降、エンドポイントは単独で動作して、マルウェアの検知・隔離結果をクラウドに報告します。

クラウドにあるAIが課題抽出、学習、検知、防御
3.侵入したマルウェア・ランサムウェアの実行を防御する4つのプロテクション機能
AIを使った「マルウェア実行制御」以外に、メモリの悪用・脆弱性攻撃の防御、マクロやスクリプトを使った侵入の制御、クローズド環境で特定アプリ以外の起動を制御することができる機能を搭載しています。
マルウェア実行制御 メモリ保護 スクリプト制御 アプリケーション制御
マルウェア実行制御
メモリ保護
スクリプト制御
アプリケーション制御
  • AI(人工知能)で脅威を予測
  • マルウェアの実行を阻止
  • シグネチャ不要
  • 毎日のスキャンが不要
  • ファイルシステム変更時にスキャン
  • 潜在的に望ましくないプログラムが環境に入るのを拒否
  • メモリの悪用防御
  • 脆弱性攻撃の防御
  • プロセスインジェクション防御
  • 特権昇格の防御
  • シェルコード/ペイロード攻撃の防御
  • 不正なパワーシェルと
  • アクティブスクリプトの制御
  • 危険なVBA マクロを制御
  • ファイルを残さない攻撃の阻止
  • 危険なドキュメントファイルの制御
  • 機器で利用する機能を限定して利用バイナリを制御
  • 不正なバイナリの実行を阻
  • 任意のバイナリの変更を防止
  • Windows の変更は許可

▲Page Top

迅速な感染経路分析と再発防止
クライアント統合管理ツールにより検知・隔離状況を把握、
感染経路を追跡して、原因となるユーザー操作に対策して再発防止

クライアント統合管理ツールにより、検知・隔離状況の把握~感染経路追跡~原因となったユーザー操作の特定が簡単・迅速に実施可能です。
再発防止対策もスムーズに行うことができます。

(1)マルウェア検知・隔離状況の確認

ダッシュボード画面にマルウェア検知・隔離状況を表示。
(2)感染経路分析:感染PCの特定

マルウェアの検知をレポート表示。感染したクライアントの特定や、マルウェアの詳細確認が可能。

(3)感染経路分析:原因となったユーザー操作の特定

Lightbox


マルウェア感染の原因となったユーザー操作をリストアップ。迅速な原因特定により再発防止もスピーディに。
管理対象OS

【Windows】

   Windows XP SP3 / Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10

   Windows Server 2003 SP2 / Windows Server 2003 R2 / Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2

   Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2016

 

【Mac】

   Mac OS X Tiger v10.4.11以降

   Mac OS X Snow Leopard 〜 OS X El Capitan

   Mac OS Sierra