セミナー|キャパシティ管理/パフォーマンス管理のエキスパート [IIM] 株式会社アイ・アイ・エム

セミナー

弊社では、パフォーマンス管理のポイントをお伝えする技術セミナーから、弊社製品ES/1の機能・出力結果についてご紹介する製品セミナー、セキュリティ製品のハンズオンセミナー、各種テーマに応じたセミナーを開催しております。

特長 | 全体像 | セミナーラインナップ | 詳細 | I-PACSとは | 開催スケジュール | お申込み |

特長

貴社の人手や費用をかけることなく、新任ご担当者やパフォーマンス管理者の育成をお手伝いさせて いただきます。



キャパシティ管理、パフォーマンス管理の専門会社であるIIMが、メインフレームからオープンシステムまで、約30年間培ってきたノウハウをお伝えいたします。


IIMが考えるパフォーマンス管理者へのステップアップ



▲PageTop

全体像



※上記以外にも、セキュリティ製品のハンズオンセミナー、テーマに応じた各種セミナーを開催しております。

▲PageTop


セミナーラインナップ

 カテゴリー セミナー名 内容
パフォーマンス
管理
キャパシティ管理入門
WEB
システム性能管理に欠かせないキャパシティ管理の概念をご紹介します
詳細はこちら
ネットワークのパフォーマンス管理 
WEB
ネットワークの観点から システムの性能管理手法をご紹介します
詳細はこちら
Webアプリケーションサーバの
パフォーマンス管理
 
WEB
Webシステムにおける性能管理のポイントをアプリケーションサーバを中心にご紹介します
詳細はこちら
CPUとメモリーのパフォーマンス管理 
WEB
メインフレーム/オープンシステムにおけるCPUとメモリーの管理手法を簡潔にご紹介します
詳細はこちら
I/Oサブシステムのパフォーマンス管理 
WEB
システムチューニングに必須となるディスク装置の特性をご紹介します           
詳細はこちら
データベースのパフォーマンス管理 
WEB
RDBにおける性能管理のポイントを的確にご紹介します
詳細はこちら
仮想化サーバのパフォーマンス管理 
WEB
仮想化技術導入前の注意点や、導入後の管理項目など仮想化環境における性能管理のポイントをご紹介します
詳細はこちら
事例から学ぶ
パフォーマンス管理の実践
実際の事例をもとに、オープンシステムにおける様々な性能問題点の検出や解決の手法をご紹介します
詳細はこちら
システム開発とパフォーマンス管理
※開発者向けセミナーで実施   
WEB
システム開発業務の各フェーズで留意しておくべきパフォーマンス管理の方法論やチェック手法を実践事例を交えながらご紹介します
         
レスポンス
管理
レスポンス管理の勘所
 
WEB
レスポンス時間の内訳を考えつつ、ユーザ体感レスポンスの計測と遅延発生時の問題分析の手法などについて、ご紹介します
詳細はこちら
ES/1 NEO
活用
MFシリーズ 基礎編
(実行~出力の見方)
 
WEB
ES/1 NEO MFシリーズの概要、導入方法、出力リストの見方についてご紹介します
詳細はこちら
MFシリーズ 応用編
(分析~チューニング)
 
WEB
基礎編を前提として、各種リソースの分析手法からチューニング方法までをご紹介します
詳細はこちら
CSシリーズ 基礎編    ES/1 NEO CSシリーズの各種機能や基本的な処理の流れ、出力イメージおよび利用シーンについてご紹介します
詳細はこちら
CSシリーズ 実践編  他社の活用事例、運用事例を紹介しながら、評価フローや分析ポイントをご紹介します
詳細はこちら
ES/1 NEO APM Dynatrace 導入活用セミナー ユーザ体感レスポンス、プログラムのボトルネックを解析できる「ES/1 NEO APM Dynatrace」の実際のデモ環境を使い、導入から活用方法までを説明します
詳細はこちら
Web受講対象セミナー

▲PageTop

I-PACSとは

I-PACSは、IIMが設立したコンピュータのパフォーマンス管理者育成のための「資格認定制度」です。
目  的 自社内では困難なパフォーマンス管理者の人材育成サポート
受 験 料 無 料
受験要項 ①弊社開催の指定セミナーにご参加いただきます
(同等の知識を有する方は、指定セミナーを受講しなくても受験いただけます)
②試験を受けていただきます
③合格された方には「認定証」をお送りいたします
④現場にて中心となってパフォーマンス管理を推進して下さい
資格内容 ◆『Basicコース』認定資格
パフォーマンス管理者として、必要な基礎知識を習得されたことを認定する資格
◆『Advancedコース』認定資格
「Basic」に加え、より専門的な知識を習得されたことを認定する資格
◆『Networkコース』認定資格
ネットワークに関する知識を習得されたことを認定する資格

対象セミナー

※対象セミナーを受講しなくても
受験可能です
各資格の対象セミナーは以下のとおりです。
セミナー名 Basic Advanced Network
キャパシティ管理入門
ネットワークのパフォーマンス管理
Webアプリケーションのパフォーマンス管理
CPUとメモリーのパフォーマンス管理
I/Oサブシステムのパフォーマンス管理
データベースのパフォーマンス管理
仮想化サーバのパフォーマンス管理
資格認定証の発行 認定に合格された方には、 「I-PACS認定証」を発行させていただきます。(認定から一週間後)
お申込方法

セミナーお申し込みサイトにてお申込ください。
https://iim.smartseminar.jp/public/

▲PageTop

開催スケジュール

2017年度年間スケジュール

テーマ 東京 大阪 中部 Web受講
パフォーマンス管理セミナー ①6/6(火)
~6/9(金)
②10/3(火)
~10/6(金)
③2018/2/20(火)
~2/23(金)
①6/27(火)
~6/30(金)
②10/17(火)
~10/20(金)
①7/4(火)
~7/7(金)
②11/28(火)
~12/1(金)
①6/20(火)
~10/19(木)
②10/17(火)
~3/8(木)
③2018/3/6(火)
~6/21(木)
【配属1年目限定】
パフォーマンス管理セミナー
①12/5(火)、
12/6(水)


①12/19(火)
~2018/12/26(水)
【開発者向け】
パフォーマンス管理セミナー
①5/25(木)
②2018/1/18(木)


①6/8(木)
~2018/12/26(水)
②2018/2/1(木)
~6/7(木)
レスポンス管理の勘所 ①8/29(火)
②2018/2/6(火)


①9/12(火)
~2018/2/19(月)
②2018/2/20(火)~8月
【MFシリーズ】
ES/1 NEO活用セミナー
①9/5(火) ①4/12(水)
①9/19(火)
~2018/9/18(火)
【CSシリーズ】
ES/1 NEO活用セミナー
①4/13(木)
②10/18(水)
①9/8(金)

ES/1 NEO APM
Dynatrace 導入活用
セミナー
①5/31(水) 
②9/1(金)
③2018/1/25(木)

 
【資格認定制度】
I-PACS
①6/15(木) 
②10/12(木)
③2018/2/27(火)
①7/4(火)
②10/24(火)


※開催日の約2ヶ月前より受付開始
各セミナー、各テーマ毎にお申込み可能