IIMからのご提案『仮想化環境の性能管理』

システム部門の方々が仮想化により期待する効果は下記3点が大きいのではないでしょうか。

◎設備投資の抑制
◎管理コストの低減
◎調達の迅速化

しかし、「仮想化により複雑化してしまい、より一層パフォーマンス劣化の要因が増えてしまった」という話も耳にします。

IIMがこのような“仮想化の落とし穴”に対する解決策をご提案いたします。

○対応環境
VMware、Hyper-V、Virtage

→紹介資料のダウンロードはこちら