日立製作所のサーバ仮想化機構Virtageに対応した性能管理ツール「ES/1 NEO CS-Virtage」をリリースいたしました

オープンシステム向け性能管理ツール「ES/1 NEO CSシリーズ」の最新バージョンV05L09にて、日立製作所のサーバー仮想化機構Virtageに対応したオプション「CS-Virtage」を提供開始いたしました。

ITProでも記事として取り上げていただきました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130208/455321/

「CS-Virtage」をご利用いただくことにより、Virtage環境の稼働実績管理が容易に行えるだけでなく、システム統合やシステム更改時の参考資料として利用できたり、ゲストOSを含めた総合的な管理を行うこともできます。

今回の「CS-Virtage」の提供開始に伴い、仮想化環境ではVMwareHyper-VVirtageと幅広くES/1で対応することができるようになりました。仮想化環境での性能管理にご興味がございましたら、是非お問い合わせ下さい。