サーバ仮想化製品「Hyper-V」向けパフォーマンス管理ソフトウェア販売開始のお知らせ

このたび、日本マイクロソフト社製サーバー仮想化製品「Hyper-V」のパフォーマンス管理を行う専用のソフトウェア「ES/1 NEO CS-Hyper-V」の販売を開始いたしました。

「ES/1 NEO CS-Hyper-V」をご利用いただくことにより、下記4点を実現することが可能になります。

  1. Hyper-Vのパフォーマンスデータを元に、性能問題を自動評価
  2. 問題点に対応した解説と対応策のアドバイスを提示
  3. Hyper-Vの稼働状況を表示する稼働統計グラフを作成
  4. 別オプションと組み合わせることにより、Hyper-V上で稼働するゲストOSも合わせて管理

Hyper-Vのパフォーマンス管理、性能問題解消にご興味がございます際には、弊社営業までお気軽にお問い合わせ下さい。

IIM発行プレスリリースはこちら