第29回Beaconユーザシンポジウム協賛のお知らせ

Beaconユーザー会主催の第29回Beaconユーザーシンポジウムに、プラチナスポンサーとして協賛をさせていただくことになりました。

■第29回Beaconユーザーシンポジウム開催概要■
 名 称 : 第29回Beaconユーザーシンポジウム
会 期 : 2012年3月8日(木)~10日(土)
場 所 : 大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」(滋賀県)

初日の8日(木)にパートナープレゼンテーションとして、お話させていただきます。

オープンシステムの稼働状況を可視化して把握することで、性能上の問題がないかどうか、問題がある場合にはどのように対処すべきかを見極めることができます。その結果、システムの安定稼働とチューニングによるコスト削減に繋がります。様々なハードウェア的、ソフトウェア的なボトルネックが発生しうるオープンシステムにおいて、性能管理を行うことで効果を挙げられたお客様の事例をご紹介いたします。

【パートナープレゼンテーション】
タイトル : オープンシステム環境の可視化による安定稼働とコスト削減の実現
~ユーザー事例を交えた仮想基盤(VMware)、OS、データベース、
アプリケーション、ネットワークを含めたトータル性能管理のご紹介~
発表者 : 営業本部 東日本営業部 第二営業課
シニアマネージャ 森山 哲臣

また、8日(木)および9日(金)にパートナーズゾーンブースにて、コンピュータの性能管理ソフトウェア「ES/1 NEO」のご紹介をさせていただきます。デモデータを用いた実演もご覧いただけます。出展場所はパートナーズブースゾーンのNo.13です。

シンポジウムにご参加される方は、弊社セッションおよびブースに是非お越し下さい。なお、シンポジウムの詳細およびお申し込みは下記URLをご参照ください。

詳細 : http://www.beaconuser.jp/29symposium/
申込 : https://www.beacon-it.co.jp/usergrp_entry/entry