アプリケーションパフォーマンス管理ソフトウエア Dynatrace■アプリケーションパフォーマンス管理ソフトウエア 「ES/1 NEO APM Dynatrace AppMon」導入事例

パッケージの内部処理を見える化
ERPパッケージを中心として構築された同社の基幹システムは、稼働当初から1年以上、レスポンス遅延に悩まされていました。ブラックボックスであるパッケージ内部処理のボトルネックを解消するため、性能管理ソフトウエア  「ES/1 NEO APM Dynatrace AppMon」をご導入いただいた効果について、お話を伺いました。

  • ERPパッケージの内部処理がブラックボックス、システムの遅延原因が特定できない
  • 分析と対策を確たるデータに基づいて講じたい
  • 導入後すぐに遅延原因を特定、レスポンスは20秒から1秒に改善
  • パッケージ内のJVMの性能情報を取得可能になり、SIerとの連携もスピーディーに

会社概要(日清丸紅飼料株式会社について)

日清丸紅飼料は、畜水産業における安全・安心・最適な飼料の供給を行う配合飼料メーカーです。
常に高品質でユーザー本位の飼料作りに貢献し、水産用飼料は国内トップシェアを誇ります。

ES/1 NEO APM Dynatrace AppMon導入のきっかけ

基幹システムで1年以上レスポンス遅延……

ERPパッケージで構築した基幹システムにて、稼働当初からレスポンス遅延があり、1年以上、分析・チューニングを実施してきました。
しかし、パッケージ内部の動きがブラックボックス化しており、ボトルネックの特定が困難な状況でした。
確たるデータに基づいた分析と対策を講じるため、ES/1 NEO APM Dynatraceを利用して分析を行いました。

ES/1 NEO APM Dynatrace AppMonによる分析例

パッケージ内部の動きが明らかに

Dynatraceにて、パッケージ内のJVMの性能情報の取得が可能となり、PurePath情報から遅延原因をすぐに特定できました。
遅延原因は、大量のSQL文の発行による実I/Oの多発でした。IIMからは問題解決方法として、DBインデックス再編をアドバイスしてもらいました。

パッケージ内部の動きが明らかに

ES/1 NEO APM Dynatrace AppMonの導入効果

レスポンスは1/20に改善、ハード増強の回避

対応にあたり、DynatraceのデータをSIerに提供し、最適なDBインデックスの再編成を指示しました。
改善すべきポイントが明確になっていたため、SIerからも早々に回答を得ることができました。結果として、レスポンスは20秒から1秒に改善しました。
また、レスポンス遅延の原因がリソース不足ではないことが判明したため、無駄なハード増強を回避することができました。

今後の展望

SIerと連携し、システム全体の高速化・安定稼働

SQLが大量に発行されているトランザクションなど、今後も継続的な改修が必要です。DynatraceのデータをSIerやパッケージベンダーに連携することで、的確なアプリケーションの改修が実現できると確信しています。
また、分析対象を他のアプリケーションにも広げることで、システム全体の高速化、安定稼働を実現したいと考えています。

お客様プロフィール

導入事例:日清丸紅飼料株式会社日清丸紅飼料株式会社
URL:https://www.mn-feed.com/

※2016年10月掲載