第2回 性能管理カンファレンス「COMPUS OSAKA 2019」

去る7月5日(金)に、無事 COMPUS OSAKA 2019を開催することができました。

第2回目の大阪開催となる今回、224名ものお客様にお申込みいただき、盛況のうちに閉幕を迎えることができましたこと、心から御礼申し上げます。

また当日はアンケートや懇親会を通じ、多くのご意見、アドバイスをいただきまして誠にありがとうございます。
いただきましたご意見は今後の運営に活かしてまいりたいと存じます。

なお、今回残念ながらご参加いただけなかった皆様、次回お待ちいたしております。
重ねまして、皆様に御礼申し上げます。

株式会社 アイ・アイ・エム

会期:2019年7月5日(金)
会場:大阪新阪急ホテル

COMPUS OSAKA 2019開催概要

開催日 2019年7月5日(金)
13:00~17:05(セッション) 17:15~18:30(懇親会)
会場 大阪新阪急ホテル
大阪府大阪市北区芝田1丁目1-35(JR大阪駅より徒歩1分)
主催 株式会社 アイ・アイ・エム/セイコーソリューションズ株式会社
対象 IT部門、システム関連部門の方など
※ユーザー以外の方もご参加いただけます
参加費 無料(※事前登録が必要です)
ご注意 ※同業他社のお客様はお断りする場合があります。ご了承ください。
※お申込み多数の場合、受付を締め切らせていただくことがございます。
お申し込み 受付終了いたしました。

 

講演内容

基調講演

経済産業省
大臣官房審議官(商務情報政策局担当) 成田 達治 氏
『デジタルトランスフォーメーションに向けて ~DXレポートとその後の動向~』

特別講演

日本生命保険相互会社
デジタル推進室 専門部長 デジタル推進担当部長 高倉 禎 氏
『先端IT活用による「品質・効率・機動性」の追求とシステム戦略の高度化』

ユーザー事例講演

  • 株式会社 JTB
    Web販売部 IT企画課 IT企画担当課長 三浦 亮 氏
    『Web販売事業におけるDPMへの取り組み』
  • ヤンマー株式会社
    取締役 矢島 孝應 氏
    『ヤンマーのグローバルIT戦略 ーIoT、DXの取組から2025年の崖に向けてー』

IIMからのご紹介

  • 営業推進統括部統括部長 宮崎 樹
    『2025年の崖を乗り越えるために描くべき、新時代のIT運用ポートフォリオ』
  • 常務執行役員 CTO 住友 邦男
    『機械学習による異常・予兆検知サービス「LUiNa」の目の付け所』