Dynatraceに関するよくあるご質問とその回答を掲載しております。

効果・導入理由

一般的にどのような効果があると考えられるのでしょうか? +-
代表的な効果は下記のようなものがございますが、お客様の課題をお聞かせいただき、解決提案をさせていただきます。
・ユーザー体感分析によるUXの向上
・IT運用の自動化促進による、運用工数・コスト削減
・システム開発の加速と品質向上の両立

課題をお伺いし、お客様に適した解決提案をさせていただきます。
どのようなシステムで利用できますか? +-
オンプレミス、クラウド問わず様々なシステムで利用可能です。
ROIはどのように考えればよいですか? +-
一般的にお客様が検討される項目の例は、下記のようなものがございます。
・機会損失/システムダウンによる逸失利益
・サーバメンテナンスに等にかかる運用コスト削減
・監視導入/設定にかかる構築コストの削減

また、Forrester社調査により300%を超えるROIが期待できると評価されております。
Forrester社調査は下記リンク先ページよりご覧いただけます。
他社事例を教えてもらえますか? +-
また他社事例を事例ページにまとめて掲載おります。下記リンクよりご覧ください。

弊社セミナーにて事例のご紹介、ユーザ会『COMPUS』にてお客様より事例のご発表がございますので、
ご参加をご検討いただけばと思います。

構成

提供形態はSaaSのみですか? +-
オンプレミス型のManaged版もご提供しております。
Managed版でもSaaS版同様、ライセンスチェック等のため外部通信が行います。
Managed版の詳細についてご説明が必要な方は、担当営業までお問い合わせください。
Dynatraceの構成について教えてください。 +-
Dynatraceの基本構成は以下のようになります。

・SaaS版
データ収集するOneAgentと、OneAgentからデータを受け取り、分析を行うSaaSテナントで構成されます。
OneAgent↔SaaSテナント間に中継サーバーのような役割を持つActiveGateを構築することも可能です。
SaaSテナントの作成はDynatraceのサイトから行い、AWS上に構築されますが、ActiveGateは専用のサーバーをご準備いただく必要がございます。

・オンプレミス版
データ収集するOneAgentとOneAgentからデータを受け取り、分析を行うManagedサーバーにて構成されます。
Managedサーバーはオンプレミス環境で構築するため、専用のサーバーをご準備いただく必要がございます。
Managedサーバーは常にMission Control(ライセンス管理や死活管理を行うDynatraceが管理するサーバー)との通信を行います。
また、OneAgent↔Managedサーバー間に中継サーバのような役割を持つActiveGateを構築することも可能です。ActiveGateは専用のサーバーをご準備いただく必要がございます。

・SaaS版、オンプレミス版共通
データの閲覧はクライアントPCからWebブラウザ越しに行います。
ライセンス体系について教えてください。 +-
ライセンスは下記のように構成されています。
詳細や、概算見積は担当営業までお問い合わせください。

【Host Units / Host Unit Hours】
<対象>
 OneAgentによるアプリケーションとインフラストラクチャのモニタリング

<ライセンス消費体系>
OneAgent導入対象サーバのメモリ容量に応じて消費。
メモリ16GBを1 Host Unitとして計算。
1 Host Unit Hoursは、1 Host Unit ×9000時間を計測可能。


【DEM(Digital Experience Monitoring)】
<対象>
RUM(Real User Monitoring)と、Syntheticによるモニタリング

<ライセンス消費体系>
RUMによって計測されるユーザーセッション毎にライセンスを消費。
SessionReplayが有効な場合、1セッションで1DEM Unitを、SessionReplayが無効な場合、1セッションで0.25 DEM Unitを消費。
Syntheticは、計測シナリオの1アクション毎に1 DEM Unitを消費


【Log Monitoring】
<対象>
Log Monitoring機能によるログの監視

<ライセンス消費体系>
年間平均ログストレージ容量によってライセンス消費。
非圧縮ログデータの1日あたり平均容量×日数によって自動算出されます。
Dynatraceのデータは標準でどのぐらいの期間、閲覧可能でしょうか? +-
サブスクリプションの契約期間内のみ閲覧可能です。
また、データは種類によって保存期間が異なりますので、詳細は担当営業までお問い合わせください。
エージェントによるシステム負荷、帯域への影響はどのくらいですか? +-
ネットワーク負荷はActiveGateを使用することで低減が可能となりますので、必要な場合はご検討ください。
監視対象が100台を超える場合はActiveGateの構築を推奨いたします。

システムによって異なりますが、CPUの使用率は大半のシステムでは一桁%程度です。
こちらにつきましてはフリートライアルで実測することが可能です。
トライアルは下記リンクよりお申込みいただけます。
利用候補者の人数が多いですが、同時接続数や登録ユーザー数に上限はありますか? +-
登録ユーザ数や同時接続数に制限はございません。
また、同時接続数や登録ユーザー数によるライセンス課金はございませんのでご安心ください。
ActiveGateは1台で何台のエージェントと接続可能ですか? +-
メーカー推奨値は、ActiveGate1台あたり1000台です。
Dynatrace SaaS環境のセキュリティ対策はどのように実施していますか? +-
Dynatrace SaaSは、AWS上で稼働し、通信の暗号化や定期的な脆弱性診断等を実施し、SOC2 TypeⅡの認証を受けております。
詳細は下記リンクよりご覧ください。
可用性の対策はどのように実施していますか? +-
Dynatrace SaaSは、AWS上で稼働し、常時冗長化を行っており、メーカーのSLAは99.5です。
詳細は下記リンクよりご覧ください。
他の製品との連携はできますか? +-
連携可能です。
連携可能なツールにつきましては、下記リンクよりご覧ください。
ユーザー視点で取得できるデータはどのようなものがありますか? +-
取得できるデータは主に以下のようなものとなります。

・アクセスユーザー数
・ユーザーのセッション時間
・セッション内のユーザー操作(非同期リクエストも含む)
・操作内容を動画による再現
・エラーの有無
・エラー発生箇所
・コンバージョン率
・離脱率
・再訪ユーザー・新規ユーザー
・画面描画時間
・コンテンツ別の読み込み時間
・ページ全体の応答時間

導入

契約(使用開始)までの流れを教えてください。 +-
一般的なご検討プロセスは下記の通りです。
1.製品紹介やライブデモ(弊社にお問い合わせください)
2.フリートライアル
3.POC(ROI評価や本番運用検証)
4.ご発注、使用開始

フリートライアルにつきましては、下記リンクよりお申し込みいたけます。
契約形態はどのようになっていますか? +-
契約形態は下記の通り、2パターンございます。

SaaS版:サブスクリプション契約
Managed(オンプレミス)版:期間契約

どちらも原則1年間~の契約となります。
導入に際する費用を教えてください。 +-
基本的に発生する費用はDynatraceライセンス費用のみですが、お客様のご要望に応じて、下記費用が追加で発生いたします。
・IIMのサポート費用
・IIMの導入作業費(一時費用/任意)
・Managedサーバ/ActiveGateサーバを構築する場合はその構築維持費用(ライセンス費用は変わりません)

またクラウドのPaaS/FaaS監視時は、上記料金のほかに、
監視対象のクラウドベンダーからAPI課金が追加発生する場合があります。
コンテナやサーバーレスなどの最新テクノロジーへの対応はしていますか? +-
対応しております。
詳細は下記導入要件をご覧ください。

フリートライアル

フリートライアルはどのように開始するのでしょうか? +-
下記リンクよりお申し込みをお願いいたします。
フリートライアルを始める際、通信の設定は必要ですか? +-
エージェント導入予定のサーバーにて、443ポート/HTTPS通信ができるよう、設定をお願いいたします。
通信先のIPアドレスが必要な場合には、トライアル時に作成されるSaaSテナントにてご確認いただけます。
フリートライアルを始めるにあたり、どのような環境に対応しているのか教えてください。 +-
対応環境は下記リンクよりご確認ください。
フリートライアルでは、どのぐらいの規模、どのぐらいの期間利用できますか? +-
フリートライアルは、下記の内容でご利用頂けます。
 期間:2週間
 サーバー監視:1,000HostUnitHour
 (メモリー16GBのホスト3台を、24時間14日間監視相当)
 フロントエンド監視:50,000 Session
※メーカーにより予告なく変更される場合があります。

トライアルの手順について、動画をご用意しておりますので
下記リンクよりご覧ください。
フリートライアルでは有償版Dynatraceと同様の機能が使えるのでしょうか? +-
はい、有償版と同様の機能をお使いいただけます。
フリートライアル中、IIMからどのようなサポートを受けられますか? +-
フリートライアルお申込みページからお申し込み頂きますと、手順書をお送りいたします。
その他のサポートについては、担当営業までご相談ください。

初期設定

トライアルをするにあたり、事前に準備しておくことや、社内で手続きが必要となることはありますか? +-
導入要件のご確認の他、下記をご用意ください。
・ご担当者様のメールアドレス
・SaaSテナントとの通信のため、ファイアウォールのホワイトリスト登録(必要な場合)
・その他、SaaS利用、ネットワーク設定におけるお客様社内の手続き(必要な場合)
エージェント導入後の初期設定は何をすればいいですか? +-
基本的な設定を動画にてご紹介しております。
下記リンクよりご覧ください。
社内でSingle Sign Onを利用しているので、できればSSOでログインができると管理が楽ですが、対応していますか? +-
対応しております。
詳細は下記リンクよりご覧ください。

活用

日本語のマニュアルは提供されますか? +-
メーカーのマニュアルは英語のみですが、弊社では日本語でのサポートを行っております。
目的に応じた資料を弊社でご用意しておりますので、ご相談ください。
パフォーマンス監視以外の活用方法はありますか? +-
マーケティングやビジネス部門の観点で、顧客の行動分析、パフォーマンスと売上の関連分析等の用途がございます。
詳細につきましては、弊社までご相談ください。

また事例でもご紹介しておりますので、下記リンクよりご覧ください。

サポート

どのようなサポートが受けられますか? +-
弊社では独自の日本語サポートを用意しております。
詳細につきましては、下記ページをご覧ください。
製品の導入後に使用方法に関する教育は受けられるのでしょうか? +-
はい、可能です。
詳細につきましては、弊社サポートページを参照ください。
Dynatraceに関するセミナー等は開催していますか? +-
随時開催しております。また過去に開催したセミナーの視聴もご用意しております。
詳細はセミナーページをご覧ください。

その他

利用規約を教えてください。 +-
下記URLよりご確認ください。
競合製品にはどのようなものがありますか?また他社との違いは何ですか? +-
APM製品の世界的マーケットは、Dynatrace、NewRelic、AppDynamics、Datadog等が市場をリードしています。
Dynatraceは業界最高のAIエンジンと徹底的な自動化により、Gartner社 Magic Quadrant for APMで10年連続リーダーポジションを取得しています。
導入実績を教えてください。 +-
世界では、2200社以上、フォーチュン100企業のうち72社での導入実績がございます。
導入済みの企業と情報交換できますか? +-
できる限り調整いたします。
担当営業までお問い合わせください。
SessionReplay機能で個人の操作を記録するのは法律に抵触しないのでしょうか? +-
個人情報と見なされるデータは、マスクされるようになっています。
Opt-Inモード対応や、EU一般データ保護規則(GDPR)にも準拠しております。
詳しいご説明が必要な場合は、弊社までお問い合わせください。
DynatraceのAIはどのような機能ですか? +-
DynatraceのAI「Davis」(デイヴィス)は、因果関係分析等の業界最先端の分析を行います。
詳細は、動画にてご紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧ください。