ES/1 NEO APM Dynatrace DCRUM(Data Center Real User Monitoring)

全てのアプリケーションのユーザ体感レスポンスを簡単に分析

ITがビジネスに貢献するためには、利用ユーザが満足するレスポンスを提供することが重要です。
そのためには、社内外問わず全てのシステムを一元的に管理し、レスポンス問題などがあった際には、すぐに解決する必要があります。
しかしながら、数多くのシステムの中からどこに問題があって、ユーザにどのような影響があるのかを把握することは至難の業であるとのことをお聞きします。

このようなお悩みをES/1 NEO APM Dynatarce DCRUM(Data Center Real User Monitoring)が解決します。

Dynatrace DCRUMは、パケットキャプチャにより、全アプリケーションのユーザ体感レスポンス(=ユーザエクスペリエンス)を計測し、リアルタイムに問題発生を検知します。また、問題発生時には、影響範囲や発生原因を即座に特定するため、早期の問題解決が可能となります。

システムの安定稼働や対応コストの削減はもちろん、「ユーザエクスペリエンス向上=売上向上」をご支援します。

Dynatrace DCRUMの特長

1.ユーザ体感レスポンス管理

  • アプリケーションを自動判別し、ユーザ体感レスポンスを自動取得
  • トランザクション単位、ユーザ単位など様々な観点の分析が可能

2.全システム管理

  • 様々なアプリケーション(プロトコル)に対応
  • データセンター内の全システムのレスポンスを管理可能

3.容易な導入

  • エージェントレスでポートに挿せばすぐにデータ取得を開始
  • 標準で用意されているレポートですぐに管理開始
  • 大規模環境を想定した製品仕様

分析画面例

システム全体の稼働状況の分析 

システム全体の稼働状況を統合的に分析します。
問題が発生しているアプリケーションをビジュアルに表示し、その問題がどれくらいユーザへ影響を与えているのかを即座に把握できます。
また、問題発生箇所がネットワークなのかデータセンター側なのか、またアプリケーションの問題か、DBの問題かなど、リアルタイムに一次切り分けします。

ユーザ状況の分析

ユーザ視点でシステムの使用状況を分析します。
アプリケーションの不具合や、ネットワークの問題により利用ユーザにどれくらいの影響があったのかを把握することが可能です。

ネットワークの分析

監視対象のアプリケーションの帯域使用状況や、ネットワーク観点での応答状況を分析します。
ネットワークが正常に稼働しているか、想定するパフォーマンス(レスポンス)が維持できているかをリアルタイムに把握可能です。

拠点単位にネットワーク使用状況を分析します。
ネットワークのセグメント情報を利用し、各地域や部署単位など、ピンポイントで分析が可能です。

Webレスポンスの分析

Webページのレスポンス時間の内訳を自動分析します。
どの処理に時間がかかっているのかを一目で把握できるため、改善すべきポイントが明確になります。

特定アプリケーションの分析(SAPの例)

DCRUMは多数のアプリケーションの稼働状況を確認することができます。一例としてここではSAPシステムの例をご紹介します。
SAPのモジュール単位にユーザ視点での分析が可能です。利用ユーザ数やレスポンス内訳を取得し、レスポンスが遅い場合にどこに問題があるのかを即座に把握可能です。

SAPのトランザクションコード別の稼働状況を表示します。
多数のトランザクションの中から問題を起こしているトランザクションを即座に特定可能です。

SAPシステムのユーザ単位の稼働状況を表示します。
ユーザ毎のオペレーション数やその時のレスポンスがどれくらいであったのかを把握できます。ユーザの実体感レスポンスを数値で管理することにより、問題発生の有無の確認、問題発生時の影響度合いの確認が可能となります。

システム構成

DCRUMの構成