お役立ち資料のダウンロードはこちらBlackberry社の人工知能エンジンを搭載し、検出率99.7%のマルウエア検知・隔離と、流入経路の追跡を実現。
原因となるユーザー操作に対策することで再発を防ぎます。

AI活用 次世代アンチウィルスソリューション CylancePROTECT

驚異のマルウェア検知率99.7%!

AIを活用したマシンラーニングによる予測検知が可能で、未知・亜種のマルウェアも99%の高検知が実現。
LANSCOPE連携で簡易EDR、オプションのOpticsによるEDRが可能です。

メリット

  • AIによる高精度な予測検知
  • シグニチャレスで日々のアップデート不要
  • 過検知が少なく低負荷

特長

  • メーカ保守切れOSもサポート
  • インターネットにつながらないエンドポイントも保護
  • エンドポイントの平均CPU負荷は0.3%

機能

1. BlackBerry Protectの特長

 

「止められない」が前提の実行後対策ではなく、実行前に止める次世代型AIエンジン
次世代型AIエンジン

 

シグネチャレスのためパッチの有無に左右されないため、未知のマルウェアにも即対応が可能
未知のマルウェアにも即対応が可能

 

2.AIによる機械学習の特許技術を活用した「予測防御」という検知方式

 

マルウェアはもちろん、正しいとされる通常のファイルも機械学習するため、
より高精度に判別することが可能です。
より高精度に判別することが可能

 

3.マルウェア・ランサムウェアを実行前に防御する「4つのプロテクション機能」

 

Exe起動はもちろん、ファイルレスなどの様々な方式のマルウェアに幅広く対応しています。
様々な方式のマルウェアに幅広く対応

 

4.新規インストール時のみフルスキャン!以降は低負荷でCPU負荷平均0.3%

 

フルスキャンは初回インストール時のみ!
その後は新しいデータが入ってきたタイミングで検知・隔離を行います。
フルスキャンは初回インストール時のみ

 

5.BlackBerry Protect × LANSCOPE の運用「追跡(簡易EDR)」

 

マルウェア検知前後の “人の操作” を把握!
侵入経路を操作ログで確認し、再発防止策が可能です。

クリックするだけで、誰がいつどんな行動をとったことが原因でマルウェア攻撃を受けたのかを追跡できます。
フルスキャンは初回インストール時のみ

 

対応環境一覧

●CylancePROTECT 管理端末のシステム要件

Windows  macOS
OS ・Windows XP SP3 ※①
・Windows Vista ※①
・Windows 7 ※①
・Windows 8 ※①、8.1
・Windows 10
・Windows 11
・Windows Server 2003 R2、2003 SP2 ※①
・Windows Server 2008、2008 R2 ※①
・Windows Server 2012 、2012 R2
・Windows Server 2016、2019、2022
・OS X Mavericks
・OS X Yosemite
・OS X El Capitan
・macOS Sierra
・macOS High Sierra
・macOS Mojave
・macOS Catalina
・macOS Big Sur
・macOS Monterey
メモリ 2GB
HDD空き 600MB
その他 ・.NET Framework 3.5 (SP1) 以上
・インターネットブラウザ
・インターネット経由でログイン、インストーラーにアクセスし製品登録が行える環境
・インストールを行うための管理者権限

※① 該当の KB を適用やご利用にあたり注意点がございます。
※② CylancePROTECT エージェントは Linux にも対応しています。

資料ダウンロード

製品カタログや、お役立ち資料がダウンロードいただけます。
※MOTEX社のサイトに移動します。