お役立ち資料のダウンロードはこちらIT資産管理/ 情報漏洩対策/ 外部脅威対策をオールインワン!
シンプルなITマネジメントを実現し、これまで莫大にかかっていたコスト/時間/リソースの大幅な削減に貢献できます。

統合型エンドポイントマネジメントツール LanScope Cat

Lanscope Cat国内導入実績No.1!
PC管理に必要となる諸々の管理機能をオールインワンで提供
必要な機能ごとに導入が可能です

メリット

  • 情報漏洩リスクの軽減
  • クライアントPCの管理工数削減
  • ソフトウェアライセンス管理の実現

特長

  • 国内導入実績No.1
  • 多言語対応(中国語OS、英語OS、日本語OSに対応)
  • 安心・安全ツール(対象PCやネットワークへの負荷が非常に軽い)

 

製品体系

製品名 対応機能 機能概要
スカウトキャット
※マネージャーライセンス
(必須)
レポート ●セキュリティを数値で把握
●ルール違反の有無をグループ単位・人単位で把握
●グループ別、日付別など様々な切り口でログを集計・グラフ化
●各種ログを複数条件で組み合わせ、より重要度の高い1つのアラームとして通知
●様々な条件で5年分のログを検索。抽出した特定ファイルの流出経路を追跡
ネットワーク検知 ●持ち込みPCなどの不正接続を検知し、リアルタイムに通知
●SNMP対応機器の情報を収集。稼働状況を確認し、死活監視
リモートコントロール
(VNC/vPro)
●インテルvProテクノロジー対応PCへのBIOS設定・電源ON/OFFなどのリモート操作
アセットキャット IT資産管理 ●コンピューター名、IPアドレスなどの自動取得
●プリンター・周辺機器などを、任意で資産登録して管理
●ソフトウェアのインストール情報を自動取得・集計し、許可/不許可を分類
●アプリの稼働情報を取得し、未使用アプリを把握
●不正アプリ禁止
接続されたUSBデバイスを自動検出し、台帳作成や未使用期間の確認ができます。
●指定時刻にPC電源の強制OFF
●PC省電力設定の一括変更
管理者からユーザーに対して、メッセージ・アンケートを送信できます。
ソフトウェア資産管理(SAM) ●ソフトウェア辞書を活用し、SAMに必要な台帳作成
●ライセンス違反把握
●アップグレード、ダウングレードなどの契約情報の管理
ファイル配布 ●サービスパック、更新プログラムの適用状況の把握
●未適用PCに配布
●アプリの一括配布・インストール
●インストール手順を録画しスクリプトを自動生成
ログキャット 操作ログ管理 ●アプリの稼働情報を取得、未使用アプリ把握
●不正アプリ禁止
●PC上での画面閲覧(ウインドウタイトル)
●ファイル操作記録
●印刷状況記録
●ドキュメント、プリンターやPCごとに印刷枚数集計
●プリントログから印刷イメージを表示
●Wi-Fi / Bluetooth / 赤外線 / 有線の接続把握
●管理外の接続検知
ウェブキャット Webアクセス管理 ●Webサイトの閲覧や書込み、アップロード・ダウンロード操作を記録
●不正サイトや操作の禁止
●キーワードを指定し、特定のWebサイトのみ閲覧可能にする
●フィルタリングデータベースを用い、82種類のカテゴリからWebの閲覧を一括制御
デバイスキャット デバイス制御 ●CD/DVD、フロッピー、USBメモリなどのデバイス種別単位で制御
●PC ごとに禁止/ 許可/ 読取専用/ 一時許可/ 一時読取専用の設定
●個別デバイスごとに禁止/ 許可/ 読取専用/一時許可/一時読取専用の設定
●社内で利用したUSBデバイスを一覧で確認 ●未使用期間や最終使用者を把握
●管理者以外に、登録したデバイスの利用を許可できる責任者を設定
●責任者は自分のPC から許可/ 読取専用/ 一時許可/ 一時読取専用を設定
●Wi-Fi / Bluetooth / 赤外線への接続を制御
メールキャット メール管理
(クライアント型)
●Microsoft Outlook送信メールの内容や添付ファイルを記録
ID監査キャット アプリID監査 ●システムへのログイン情報を記録、なりすましなど不正なID使用を把握
●特権ユーザーによるIDの作成、権限変更などの操作を記録
プロテクトキャット マルウェア対策 ●機械学習エンジンにより、未知の脅威をリアルタイムに発見
●検知した脅威ファイルをポリシーに応じて隔離
●インシデント発生前後の操作を確認可能
サーバーキャット サーバー監視 ●WindowsやNetAppへのアクセスを記録し、権限のないアクセスを把握
●フォルダー容量を監視
●設定したしきい値を超えると、管理者にメール通知
●Active Drectoryサーバーを監視し、ドメインへのログオン・ログオフを記録
遮断キャット 不正PC遮断 ●持ち込みPCなど、セキュリティリスクのあるPC接続を遮断
リモコンキャット リモートコントロール
(ISL Online)
●PCやサーバーに対し、管理者からリモート画面操作
●Web上の会議で資料や画像の共有、音声&ビデオチャット
An スマートデバイス管理
(Android・iOS・Windows)
●iOS・Android・Windows 端末の資産情報や位置情報の自動収集、アプリ活用・Web 閲覧の状況を記録
●リスクのある端末を確認して、リモートロック・ワイプ

機能

1.品質と性能にこだわった開発

PC3,000台以上のグローバル環境での運用テスト
環境変化への対応

●PC3000台以上のグローバル環境での運用テスト

実業環境のPC3000台以上に、リリース前のLanScope Catを導入し、運用テストを実施しています。
日本、アメリカ、中国、シンガポールで利用されているPCを対象に、グローバル環境における実運用に即した課題の発見と商品開発へのフィードバックを行っています。

グローバルな大規模テスト環境

●クラウドサービスの変化にすばやく対応するテスト体制

変化の激しいクラウドサービスの仕様変更にいち早く対応するため、主要サービスであるOffice365、Google Apps for Work、Dropboxの利用パターン1800項目のテストを自動化し、毎日確認しています。

主要サービスであるOffice365、Google Apps for Work、Dropboxの利用パターン1800項目のテストを自動化し、毎日確認

 

ネットワーク負荷の軽さと負荷分散の構成でストレスなく運用できます

●ネットワーク負荷の軽さ

Catのログ送信時のネットワーク負荷は、Excel A4ドキュメントを1枚印刷した時の160分の1

Catのログ送信時のネットワーク負荷は、Excel A4ドキュメントを1枚印刷した時の160分の1です。ネットワークアナライザを開発していた技術があるからこそ実践できた圧倒的な性能です。
<計測内容>通信パケット量

●クライアント負荷の軽さ

XenApp™サーバーのCPU負荷

Catは他社製品の常駐エージェントと比べて、XenApp™サーバーに40ユーザーがアクセスしたときのCPU負荷を3分の1に抑えています。
<計測内容>40ユーザーアクセス時のXenApp™サーバー負荷

●ログの保存容量の少なさ

ログ保存容量Catは人が操作した内容を判別する仕組みで、必要のない大量のシステムログなどをフィルターします。他社製品の約5分の1めでログ保存容量を抑え、HDDを圧迫しません。
<計測内容>1,000台の操作ログ5年分

●システムの負荷分散

サーバーを集計・閲覧用とデータ収集用に分けることでシステムの負荷を分散Catは、サーバーを集計・閲覧用とデータ収集用に分けることでシステムの負荷を分散しています。大規模環境でも運用可能な構成で、4万台のPCを管理している実績があります。

2.クラウド・マルチデバイス・グローバル環境に対応

通信の暗号化によりインターネット経由でも安全にPCを管理

クラウド基盤にも対応!
LanScope Catで実現するグローバルな管理体制

  1. 管理画面の日本語/英語表示切替
  2. グローバル時差対応
  3. 海外拠点にあるPCも一元管理可能

3.セキュリティを“分かりやすく”するレポート

定期的なレポートチェックで是正・改善

重要情報を保存するファイルサーバや取り扱うPCの操作ログを取得し問題の有無を確認する「定期的なレポートチェック」で、漏えいにつながる恐れのある操作を早期発見し、是正・改善を行うことが重要です。

事後対策のセキュリティ<検索>
事後対策のセキュリティ<検索>
未然に防ぐセキュリティ<レポート>
未然に防ぐセキュリティ<レポート>

 

誰でも簡単にセキュリティリスクを確認できる
“分かりやすいレポート”

 誰でも簡単にセキュリティリスクを確認できる“分かりやすいレポート”

4.セキュリティを“分かりやすく”するレポート

情報システム向けの管理・設定ができる
“使いやすい専用コンソール”を作れます

使いやすい専用コンソール

資料ダウンロード

製品カタログや、お役立ち資料がダウンロードいただけます。
※MOTEX社のサイトに移動します。

導入事例

LanScope Catの導入事例はこちらをご覧ください。

 

LanScope Cat導入事例:株式会社毎日新聞社毎日新聞社 様

LanScope Catの導入で、目指していた精度の高いIT資産管理を実現。
秘訣はツールの使いやすさと運用定着化までのサポート

 

LanScope Cat導入事例

大手通信会社 様

大手通信会社において、10,000台以上のクライアント管理を、全社クラウド移行方針に従い、拠点毎の約40台のLanScope Catサーバをプライベートクラウド上に9台構成へ集約・再構築することで、より高度な一元管理を実現しました。

 

LanScope Cat導入事例

大手地方金融会社 様

大手金融会社様において、約2000台のシンクライアントを含めた3000台以上のクライアントをわずか4台のLanScope Catサーバで一元管理しています。