LanScopeシリーズの概要や事例を、動画やWebセミナーでわかりやすく解説いたします。

解説動画

適切な運用のために必要な対策とは? LanScopeシリーズでご支援するテレワーク管理

コロナ対応を機に、新しい労働形態への変化、なかでもテレワークへのシフトが全世界的に進んでいます。
しかし、テレワークを適切に運用するにはいくつかの課題があります。勤務状況の正しい把握や、管理はもちろんのこと、セキュリティ対策も忘れてはいけません。こうした課題に対し、「LanScopeシリーズ」でどのような管理が可能になるかをご紹介します。

1. LanScope Catでご支援するテレワーク管理(労働時間・勤務状態管理)

2. LanScopeシリーズでご支援するテレワーク管理(セキュリティ対策)

 


プラス300円で安心を手に入れよう! LanScope Anで実現するWindowsタブレット管理

Windows 10への移行や働き方改革に伴い、持ち出すことを前提にしたWindowsデバイスを導入するお客様が増えています。
紛失対策や資産管理など、そのようなデバイスの管理に必要となるのがモバイルデバイス管理ツール(MDM)です。クラウド型でかんたんに利用できるMDMツール「LanScope An」での管理についてご紹介いたします。

 


製品紹介動画:CylancePROTECT Managed Service for LanScope

LanScope catとの連携でマルウェア対策をローコストでカンタンに実現。
運用支援サービス付きAIアンチウイルス、「CylancePROTECT Managed Service for LanScope」をご紹介します。

Webinar

Webセミナー:超凶悪マルウェアEmotetにご注意を! 活発化するサイバー犯罪に最小工数で対抗する方法

国内で「Emotet(エモテット)」というマルウェアが流行し、猛威を振るっています。
欧州で2014年から発生したEmotetは、当初、オンライン銀行を標的に口座情報などを窃取する目的でばらまきが行われていましたが、現在は、他のマルウェアを感染させるプラットフォームとして動作し、情報を窃取する不正な動作が行われたのちにランサムウェアが実行され、攻撃の痕跡自体を消し去るという、危険なマルウェアに成長しています。

そこで本セミナーでは、Emotetについて、その特徴・侵入経路などや、有効な対応策について解説するとともに、サイバー犯罪者の活動を活発化させている「ダークウェブ」の実態についてもご紹介していただき、サイバーセキュリティ対策の強化につながるヒントをお伝えします。