OS、NW機器など幅広い対応環境にて、特権IDのパスワードの自動変更、利用履歴、利用時の操作ログ取得が行えます。さらに、利用者にパスワードを開示せずアクセス行為の許可ができセキュリティ強度をさらに高めることができます。

特権IDパスワード変更・利用管理ツール Password Safe

Password Safe特権ID、共有IDのパスワード定期変更、貸し出し作業を自動化!
煩雑なパスワード管理の悩みを解決!

 

メリット

  • 特権ID、共有IDの安全な管理
  • パスワード管理作業の大幅工数削減
  • 人的ミスからの解放

特長

  • 対象システムのポリシーに沿ってパスワードを自動生成
  • エージェントレス構成のため導入が容易
  • OS、DB、ネットワーク機器まで幅広い環境に対応

 

製品概要図

機能

機能1. パスワード変更機能

  • お客様の任意の規則(何桁以上など)に則して、パスワードを自動生成
    →大文字、小文字、特殊文字、数字等を使用
  • 強制的な手動変更も可能(緊急時等)
  • 定期的なパスワード整合性確認
    →サーバと整合性チェックし、設定に応じて強制同期処理も可能
  • スケジュール設定によりパスワードの定期変更を自動化

 

機能2. ワークフロー機能

  • 申請・承認作業をシステム化し、パスワード貸し出し作業を自動化
  • 作業終了後のパスワード変更も自動で実施
  • 同一アカウントの同一期間の二重貸出を制御
  • パスワード発行を特定の日付・時間・曜日で要求可能
  • 申請のみの承認なしでパスワード発行も可能

 

機能3. アプリケーション連携

  • パスワードをハードコーディングしないソリューションを提供
  • アプリケーションがサーバにログインする際に利用するパスワードをPassword Safeから自動取得し、人的な介在を排除することでセキュリティリスクを削減

対応環境一覧

UNIX、Linux、Windows、z/OS、Oracle、SQL Server、ネットワーク機器 等