機械学習とAIにより、未知の標的型攻撃を検知し、Microsoft 365(旧Ofiice365)メールへの攻撃を完全防御。高度なフィッシングやスピアフィッシング、マルウェア攻撃からユーザーとビジネスを保護することが可能なメールセキュリティサービスです。

●ウェビナー『Microsoft 365メールを未知の脅威から防ぐ!AIを用いた最先端メールセキュリティ「VadeSecure for Microsoft365」日本初上陸』

AI活用 Microsoft 365専用メールセキュリティサービス Vade Secure for Microsoft 365

未知の標的型攻撃を検知し、Microsoft 365メールのセキュリティを強化


Vade Secure for Office 365
Microsoft 365(旧:Office 365)は、OneDriveやSharePointのような豊富なデータを持つアプリケーションがあることと、1.8億人以上のユーザーをサイバー攻撃のターゲットとすることが可能であることから、近年、サイバー攻撃者にとって大きなターゲットとなっています。
「Vade Secure for Microsoft 365」は、全世界で6億を超えるメールボックスの保護を行っている、URLと添付ファイルを含むメール全体のリアルタイムなふるまい分析を行う機械学習モデルとAIを使って、高度なフィッシングや、スピアフィッシング、マルウェア攻撃からユーザーとビジネスを保護することが可能なソリューションです。

 

メリット

  • スピアフィッシング、マルウェアやランサムウェアなどの高度なメール詐欺に対抗する万全なセキュリティ機能の提供
  • Microsoft 365のAPIベースのアーキテクチャを介し、管理者とエンドユーザーにシンプルな利用環境を提供
  • Microsoft 365ネイティブインターフェースを利用し、Outlookのユーザー体験はそのままで、外部の検疫用UIは不要
  • 適用されているセキュリティが外部からわからない

 

特長

  • Microsoft 365標準メールセキュリティ機能「EOP(Exchange Online Protection)」と連動して多重保護を実現
  • 内部からの攻撃(インサイドアタック)も防御可能
  • メールゲートウェイソリューションで必要なMXレコードの変更が不要

機能

1. Microsoft 365メールへの攻撃を機械学習とAIで完全防御

「Vade Secure for Microsoft 365」は、URLと添付ファイルを含むメール全体のリアルタイム挙動分析を行う機械学習モデルを使って、高度なサイバー攻撃をその最初のメールで阻止します。AIによる脅威検知機能は、攻撃の前や最中だけでなく、攻撃の後でも脅威を阻止することが可能です。

Microsoft 365メールへの攻撃を機械学習とAIで完全防御

  • フィッシング対策
    メッセージ受信時およびユーザーによるクリック時に、あらゆるリダイレクトを追跡して、URLやウェブページの内容と文脈を分析し、URLやウェブページをリアルタイムでリスク評価します。
  • スピアフィッシング対策
    教師なしの機械学習による異常検知システムと自然言語処理により、スピアフィッシングに共通するパターンや異常な行動を検知します。スピアフィッシングの疑いがある場合、メール内にカスタマイズ可能なバナーが表示され、ユーザーに警告します。
  • ふるまい検知
    メールと添付ファイルの送信元、内容、文脈を総合的に分析し、サンドボックス技術のように長時間を要することなく、未知のポリモルフィック型(短時間に姿を変えていく)マルウェアを特定します。
  • 検知した脅威のリアルタイム反映
    受信した脅威は、すぐに登録され、リアルタイムにフィッシング検出機能を強化します。管理者は、脅威がビジネスを妨害する前に、ユーザーの受信ボックスからあらゆる悪質メールを即座に排除できます。

 

2. Microsoft 365のネイティブなユーザー体験はそのままに

「Vade Secure for Microsoft 365」は、Microsoft 365とのAPIベースの統合により、マイクロソフトのセキュリティ(EOP)を置き換えるのではなく、強化する保護層を追加します。クラウドサービス対応アーキテクチャにより、ソフトウエアのインストールやエージェントの配布などが一切不要で、導入は数クリックで完了し、すぐに利用開始できます。
システムを変更することがないため、慣れ親しんだOutlookのユーザー体験を継続して利用することが可能です。

利便性を維持しながらMicrosoft 365を保護

  • EOPの追加レイヤーとしての存在 →  EOPの後にスキャン
  • 内部メールをスキャン → Microsoft 365 APIとの統合
  • 新たな脅威に対する強力なフィルタ
    ◆時限爆弾型攻撃
    ◆BECの検出
  • 迅速かつ簡単に有効化
    ◆MXレコードの変更なし
    ◆数回のクリックで利用可能
  • 検疫用のUI不要 → Microsoft 365ネイティブインタフェース
  • IT管理者向けの修復ツール → 管理UIを使用した容易な操作

 

3. EOPとの併用によるメール保護率の大幅改善

EOP上への「Vade Secure for Microsoft 365」配置により、あらゆる攻撃からの保護率を大幅に改善。

容易な導入

ご利用中のMicrosoft 365に影響を与えることなく、利用開始することが可能です。
Microsoft 365のAPIと連携し、クラウド上のサービスとして利用できますので、このサービス用のプラットフォームの構築やソフトウェアの導入は一切不要です。また、ご利用端末へのモジュールのインストールや設定も一切不要です。

 

実証済みでリスクを伴わない Vade Secure for Microsoft 365 の導入ステップ

 

※Office 365の製品名称がMicrosoft 365に変更されたことに伴い、本製品名称もVade Secure for Office 365 から Vade Secure for Microsoft 365 に変更となっています。