クラウドWANサービス Verona

クラウドWANサービス VeronaVerona(ヴェローナ)は、インターネット上に自社専用のプライベートラインを構築するクラウド型ネットワークサービスです。
拠点間VPNやリモートアクセスVPNによる場所に縛られない働き方を実現します。

 

メリット

導入も運用もすべてサービスで

自動 お任せ 便利

導入作業は、繋げるだけ

必要な機器の設定はCAS-Centerからリモートで行われ、自動反映されます。
届いた機器をネットワークに繋げるだけでサービスの利用を開始できます。

サポートセンターによる運用

機器の設定変更や障害対応はサポートセンターのVerona専任エンジニアが行います。ネットワーク運用に費やす時間を削減することが可能です。

充実した管理画面

ご利用中の機器やソフトウェアのステータス/接続状況はVerona Monitorから確認することができます。有事の際のログ分析にも活用可能です。

ラインアップ

「リモートアクセス」「クラウドサービス用リモートアクセス」「拠点間VPN」「クラウドProxyサービス」をラインアップ。

オフィスの外から社内にアクセス

リモートアクセス V-Clientリモートアクセス

C-client

マルチOS、マルチデバイスのリモートアクセスソフト
1タップで社内サーバにアクセス!

離れた拠点をセキュアにつなぐ

拠点間VPN V-edge拠点間VPN

V-edge

ゼロコンフィグの拠点間VPN
AWSやAzureなどクラウドへの接続にも対応!

モバイルからクラウドへダイレクトアクセス

クラウドアクセス V-Client αクラウドアクセス

V-clientα

クラウドサービス用リモートアクセスソフト
社内ネットワークは変更不要!

Webフィルタリングをクラウドから

クラウドProxyサービス V-Gatewayクラウドプロキシサービス

V-Gateway

クラウド上のWebプロキシ
Webアクセスの制御を環境構築なしで!

利用例

テレワークに最適な利用方法

近年のインターネット通信量急増に伴い、テレワーク時に外出時端末からの通信をいったん社内に接続させ、社内でセキュリティ検査を実施しインターネット接続を行うことは、ボトルネックになりやすく、業務効率に支障をきたします。
また、IaaS利用などによるBCP対応を実施するケースも増えてきております。

そういった時代に対応した最適なテレワークをV-Clientαは実現することができます。
社内向けの通信は必要最低限とし、IaaS接続は社内経由をすることなく、V-Clientαが提供する仮想ゲートウェイ経由でVPN接続が可能です。
また、企業ごとに専用グローバルIPアドレス提供により、グローバルIPアドレスでの2要素認証接続を実施しているクラウドサービスにも、仮想ゲートウェイ経由で接続可能です。
一般的なインターネット通信は、Webセキュリティサービス経由で、可視化・制御が可能です。

テレワークに最適な利用方法

仕様

V-Client / V-Client α

for Windows / Mac

OS Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
macOS(10.12.x、10.13.x、10.14.x)
動作環境 for Windows
メモリ:1G以上(推奨)
ディスク:インストール先でドライブに100M以上空きがあること

for Mac
メモリ:2G以上(推奨)
ディスク:インストール先でドライブに600M以上空きがあること
※PCへのインストールにはOSの管理者権限が必要です。

for iOS(iPhone,iPad

OS iOS 10.x、11.x、12.x
動作環境 Apple App Storeよりアプリケーション V-Client(無料)をダウンロード

for Android

OS Android 5.x、6.x、7.x、8.x、9.x
Chrome OS バージョン 62 以降
動作環境 Google PlayよりアプリケーションV-Client(無料)をダウンロード