ES/1 NEO MFシリーズ/CSシリーズ活用セミナー

性能管理ソフトウエア ES/1 NEOシリーズの全体像から各機能、出力結果の見方をご紹介いたします。

ES/1 NEO MFシリーズ活用セミナー

ES/1 NEO MF 活用セミナー

-性能管理のノウハウとES/1の活用方法を紹介-

セミナーの特長

  • リソースの管理手法をご紹介
    各メーカー(IBM、富士通、日立)のメインフームについてご紹介します。
  • パフォーマンス管理で確認するべきポイントをご紹介
    ES/1の出力結果をもとにパフォーマンス上の留意点と評価指標をご説明します。
  • どなたでも無料です。何度でもご受講いただけます。

対象となる方

・メインフレームをご利用で、性能管理に携わる方
・性能分析手法に興味がある方
・ES/1を使用し、稼働報告を実施される方

テーマ

(各テーマをクリックすると詳細を確認いただけます)

  1. MFシリーズ 基礎編 (実行~出力の見方)*
  2. MFシリーズ 応用編 (分析~チューニング)*

*印のあるセミナーはWeb受講対象です。

開催概要・お申込み

日時 【東京】2019年9月4日(水) 9:30‐16:30
【大阪】2019年10月23日(水) 9:30‐16:30
(Web受講)2019年9月18日(水)~
会場 【東京】株式会社 アイ・アイ・エム 東京本社セミナールーム
【大阪】株式会社 アイ・アイ・エム 大阪支店セミナールーム
対象 IT部門、システム関連部門の役員・役職者の方
参加費 無料(※事前登録が必要です)
ご注意 ※締切後のお申込みにつきましては、Emailまたはお電話にてお問合せください。
詳細・お申込み 詳細・お申込みは下記ページをご参照いただくか、弊社の担当営業までご連絡ください。
お申し込みはこちら
(※開催日の約2ヶ月前より受付開始いたします)

ES/1 NEO CSシリーズ活用セミナー

ES/1 NEO CS 活用セミナー

性能管理力を鍛える!

セミナーの特長

  • 翌日から実践いただける ES/1の活用方法をご紹介
    データ処理の流れからグラフ化、評価手法をご説明します
  • 理想的な運用管理体制をご紹介
    日次、月次での報告フロー、報告書のフォーマットをご説明します
  • 他社のES/1活用事例、 ES/1運用事例をご紹介
    問題分析や月次報告でのチェック手法をご説明します
  • ES/1の最新機能をご紹介
    リリース内容からポイントを抜粋してご説明します

対象となる方

・ES/1 NEOを実際に使用される方、出力リストをご覧になる方
・ES/1 NEOにご興味がある方

テーマ

(各テーマをクリックすると詳細を確認いただけます)

  1. CSシリーズ 入門編
  2. CSシリーズ 実践編

開催概要・お申込み

日時 【東京】2019年9月11日(水) 9:30‐16:30
【大阪】2019年9月12日(木) 9:30‐16:30
会場 【東京】株式会社 アイ・アイ・エム 東京本社セミナールーム
【大阪】株式会社 アイ・アイ・エム 大阪支店セミナールーム
対象 IT部門、システム関連部門の役員・役職者の方
参加費 無料(※事前登録が必要です)
ご注意 ※締切後のお申込みにつきましては、Emailまたはお電話にてお問合せください。
詳細・お申込み 詳細・お申込みは下記ページをご参照いただくか、弊社の担当営業までご連絡ください。
お申し込みはこちら
(※開催日の約2ヶ月前より受付開始いたします)

各テーマの詳細

MFシリーズ 基礎編 (実行~出力の見方)
ES/1 NEO MFシリーズの概要と導入方法についてご説明いたします。キャパシティ管理を行う上で必要となるOSや各種リソースの基本動作や用語を整理して解説いたします。各メーカー(IBM、富士通、日立)を対象としたES/1 NEO MFシリーズの出力リストを基に、リソース管理手法をご紹介いたします。
<内容

  • ES/1 NEO MFシリーズの概要と導入・活用方法について
  • パフォーマンス管理に必要なOSやディスク装置の基本動作、用語説明
  • プロセッサ、主記憶と拡張記憶、外部記憶、ディスク装置の分析方法
  • メインフレームシステム(IBM、富士通、日立)を対象とした、ES/1 NEO MFシリーズの利用方法
    (チューニング項目についてサンプルリストを用いて解説します)

<資料サンプル>

資料サンプル

 

MFシリーズ 応用編 (分析~チューニング)
メインフレームシステム(IBM、富士通、日立)を対象に、ES/1 NEO MFシリーズの出力リストおよび資源配布の方法をご説明します。なお、このセミナーではゴールモード(IBM)は扱いません。

<内容

  • 基礎編を前提として、各種リソースの分析手法からチューニング方法までをご紹介します。
  • 各メーカー(IBM、富士通、日立)を対象とした出力リストを交えて、リソース分析手法をご紹介します。
  • チューニング手法につきましては、対応するシステムパラメータにまで言及いたします。

<資料サンプル>
資料サンプル

 

CSシリーズ 入門編
ES/1 NEO CSシリーズの各種機能や基本的な処理の流れ、出力イメージおよび利用シーンについてご説明いたします。
明日から実践いただけるパフォーマンス管理のポイントをご紹介いたします。
<内容
データ処理の流れからグラフ化、評価手法をご説明いたします。<資料サンプル>

資料サンプル

 

CSシリーズ 実践編
他社のES/1活用事例、運用事例をご紹介しながら、評価フローや分析ポイントをご説明いたします。
パフォーマンス管理を実践するための運用管理体制、役立つノウハウをご紹介いたします。

<内容
日次、月次での報告フローやチェック手法を説明いたします。

<資料サンプル>
資料サンプル