第34回UNIRITAユーザシンポジウム協賛のお知らせ

3月2日(木)から4日(土)まで、
ヒルトン福岡シーホークにて「第34回UNIRITAユーザーシンポジウム」が開催されました。

弊社は今年も協賛パートナーとしてブース出展させていただきました。
ブースでは、アプリケーションレベルまでのレスポンス管理を実現する
「ES/1 NEO APMシリーズ」のご紹介をさせていただきました。

また、オープンセミナーでは
『分析稼働が50人日削減!?レスポンスが 20分の1!?APMで即実感する劇的な効果とは?』と題して、
「ES/1 NEO APMシリーズ」の機能についてお話させていただきました。

▼「ES/1 NEO APMシリーズ」の機能特長

  • ユーザー体感のレスポンスを分析
  • アプリケーション、SQLレベルでのレスポンス分析
  • 膨大な情報の中から見るべきポイントを自動分析

お忙しい中、弊社ブース及びオープンセミナーにお立ち寄り下さいましたお客様には、
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

今後もシステム性能管理について、啓蒙活動および製品やソリューションの紹介を継続的に行ってまいります。
弊社ブースやセッションを見かけましたら、是非ともお立ち寄り下さい。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

当日の様子はこちら

第34回UNIRITAユーザーシンポジウム 第34回UNIRITAユーザーシンポジウム 第34回UNIRITAユーザーシンポジウム 第34回UNIRITAユーザーシンポジウム