NetAppに対応した性能管理ツール『ES/1 NEO CS-Storage』を販売開始

ブラックボックス化の進むストレージの性能管理を実現する『ES/1 NEO CS-Storage』を2015年8月1日より販売開始いたします。
本製品のリリースにより、OSから見ることが出来ないストレージ内部の性能情報を分析することを可能とし、ネットワーク、OS、ミドルウェア、DB、アプリケーションを含めた横串での性能分析を支援します。
まずはNetAppの対応からスタートし、各社ストレージへの対応を随時進める予定です。

【背景】

ボトルネックは様々な箇所に潜みますが、ストレージは他のリソースに比べてボトルネックとなりやすい箇所です。
しかし、ストレージの性能情報はOSから見ることが出来ず、「ストレージ内部」から分析する必要があるため、可視化・分析を行うことが非常に困難でした。
また昨今は仮想基盤が増え、数多くのVMをストレージに載せているため、ストレージにボトルネックが存在することで業務遅延や障害を招くことになります。

【ES/1 NEO CS-Storageの機能及び効果】

『ES/1 NEO CS-Storage』では以下の機能と効果を提供することで、ストレージのボトルネックの解消を支援します。

機能

  • 自動問題分析機能(チューニングヒント)
    ストレージの性能データを自動的に分析して、問題点を日本語で表示します
  • 自動レポート機能
    日次、中長期の稼働レポートを自動的に作成し、傾向管理を支援します
  • 構成表出力機能
    最新の構成情報を自動的に出力し、構成管理を支援しますサンプルの出力結果はこちら

効果

  • チューニングヒントを見るだけで、ストレージのボトルネック箇所を特定可能
  • 傾向管理を行うことで、容量不足等の問題を未然防止
  • 手間のかかる構成管理を自動的に行うことで、工数を0に

IIMは性能管理の対象を増やすことで、性能管理の死角をなくし、全ての性能問題に対処出来るよう、引き続き研究開発を進めてまいります。

【ES/1 NEO CS-Storageの販売計画】

  • 価格 :導入ストレージの定価金額の2.5%(年間レンタル料金/保守込み)
  • 利用部門 :情報システム運用部門
  • 初年度目標契約社数 :10社

【ES/1 NEO CSシリーズについて】

ES/1 NEO CSシリーズは、オープンシステムのパフォーマンス管理を行うために、IIMが開発した専用パッケージソフトウェアです。国内の主要なOSを搭載した各種IAサーバーに対応しており、金融、生保、通信、製造などあらゆる業界の大企業を中心に20,000台以上のサーバーで使用実績があります。
ES/1 NEO CSシリーズの最大の特長は、オープンシステムの稼働状況をバッチプログラムで自動分析を行い、その結果を日本語で表示するという点です。さらにそれぞれの性能問題について、これまでのコンピュータのコンサルティング経験に基づいた対処方法も合わせて提示します。それ以外にも、パフォーマンス管理を行うための性能情報の蓄積・管理や、各種レポートの作成機能、Webによる情報閲覧機能など、パフォーマンス管理を総合的に行うことができるパッケージソフトとなっております。

【IIMについて】

IIMは1988年の設立以来20余年に亘り、コンピュータのパフォーマンス管理に特化した専門会社として、メインフレームからUnix, Linux, Windowsの各種IAサーバーまで、幅広いコンピュータシステムの性能を評価するソフトウェア「ES/1 NEOシリーズ」の開発、販売を行っています。
「ES/1 NEOシリーズ」は、パフォーマンス管理ソフトウェアとしては数少ない国産製品であり、1989年7月の発売開始以来、大手企業を中心に800サイト、2500台以上のメインフレームおよび20,000台以上のオープンシステムで利用されています。

報道関係からの本件に関するお問い合わせ先

株式会社アイ・アイ・エム
企画本部製品企画部(有住、宮倉)
TEL: 03-5684-6771
FAX: 03-5684-6845
E-mailアドレス: kikakuka@iim.co.jp
ホームページURL: http://www.iim.co.jp/