ES/1 NEO 新バージョンV05L11R1がリリースされました

性能管理ツール「ES/1 NEOシリーズ」において、最新バージョンV05L11R1がリリースされました。

新バージョンでの主な更新内容は以下の通りです。

【CSシリーズ】
・KVMへの新規対応
・Windowsサーバーの稼働データをエージェントレスで収集する機能の追加
・VirtualCenterの統計情報収集方式を変更

【MFシリーズ】
・新規プロセジャ「CPETS700」の追加
・MF-eASSISTプロセジャのデータ項目追加

【Performance Web Service】
・稼働グラフの初期表示グラフ枚数設定機能の追加

→新バージョンの詳細はこちら