『Perform Las Vegas 2019』レポート 第三弾 ~会場編~

Perform Las Vegas メインステージ&セッション会場の様子をお届けします

第三弾は会場の様子を写真でレポートします!

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編1
メインステージのエントランスです。会場入り口から非常に豪華です。
さて、中はどんな世界が広がっているのでしょうか…

 

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編2
メインステージの様子です。この会場が満席となり、立ち見が出ます。椅子は映画館のようになっており、さながら劇場のようです。
(調べてみたところ、ライブ等の演劇や、CESの基調講演にも使われたりするようです)

 

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編3
Dynatrace LLC. のCEO、John Van Siclenの講演の様子です。

 

続いて、個別セッション会場前の様子です。

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編4
待合スペースも豪華です。

 

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編5
個別セッション会場内の様子です。200~300人ほど収容できるスペースとなっています。
皆さんスマートフォンで撮影したり、質問したりと、日本のカンファレンスとはまた一味違った雰囲気です。

 

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編6
ハンズオンブースの様子です。皆さん真剣にDynatraceのハンズオンを受けながら、スタッフから話を聞いていました。

 

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編7
食事の一例です。ある日の昼食になります。
夜もパーティーが催され、ビールやワインは飲み放題でした。

 

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編8
会場の一角には、卓球台やテーブルホッケー、ゲーム機、VR体験などのアトラクションがありました。

 

『Perform Las Vegas 2019』レポート 会場編9
クロージングの様子です。主催者、参加者から発せられる熱量がすごかったです。
単なる1ツールという位置付けでなく、Dynatraceは彼らにとって、ビジネスを支えるために、顧客へ最適なサービスを提供するために、不可欠のツールとなっている印象でした。

レポートは以上となります。少しは会場の雰囲気をお伝えできていましたら幸いです。

 

記:営業本部 営業四部 堀内 啓吾


『Perform Las Vegas 2019』レポート


関連ホワイトペーパー

『Perform Las Vegas 2019』で発表された、システム運用の自動化(NoOps)の最新動向、新機能などの重要トピックについて、ホワイトペーパー化してお届けさせていただきます。
下記トピックを掲載しておりますので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

①Dynatrace社が提唱する「Autonomous Cloud Management」
~デジタルトランスフォーメーションに向けたソフトウェアデリバリの自動化と自律運用の実現~
◯システム運用の自動化(NoOps)の最新動向、『Perform 2019』での重要トピックをホワイトペーパー化

②Dynatrace、デジタルエクスペリエンスを強化
~アプリケーションモニタリングからビジネスモニタリングへ~
◯実際のユーザー操作を可視化、デジタルビジネスのUI/UX改善を実現する「Session Replay」とは

③IT運用自動化のための「セルフレメディエーション」(自己修復)の実現事例
~DynatraceとServiceNowの連携による問題検知と修復の自動化~
◯ServiceNow連携によるビジネスサービス運用の自動化の事例をホワイトペーパー化