バルセロナにてDynatrace LLC社主催のグローバルAPMカンファレンス『Perform Summit Barcelona2019』に参加

Perform Summit Barcelona2019

1200名以上が参加するEU圏最大級のAPMカンファレンスの模様をレポート

先日、バルセロナにて開催されたグローバルAPMカンファレンス『Perform Summit Barcelona2019』に参加してきましたので、その様子をレポートさせていただきます。
Dynatrace LLCは、全世界30都市以上で『Perform World Tour』を開催しています。
『Perform Summit Barcelona2019』は、ヨーロッパを中心に1200名以上が参加するイベントです。

今回は『Perform Summit Barcelona2019』の雰囲気とセッションの内容を紹介させていただきます。

 

初日のメインセッションでは、Dynatrace LLCの長期的なビジョンを中心に講演がありました。
ブレイクアウトセッションでは、「クラウドオートメーション」や「DevOpsからNoOpsへ」「デジタル体験」「ソフトウェアインテリジェンス」といった最先端のテーマで、各社のDynatraceを用いたサクセスストーリーが紹介されました。

中でも印象的だったのがCitrix Systems社におけるDynatraceを活用したサクセスストーリーです。

これまでCitrix Systems社では、障害対応時に複数のプロジェクトメンバーがNOCで数日かけて障害について議論をしていました。
しかしDynatraceを導入後は、メンバー1人で、わずか数十分程で対処することができるようになったとのことです。
これにより、効率性が高まり、煩わしい業務から開放され、メンバーはより高度な仕事に専念できるようになりました。そして、急な呼び出しや長時間の障害対応が無くなり、社員の生活の質が向上しているとのことでした。

また、Dynatraceが提供する可視性により、真のDevOps文化を実現することができたということです。
「リリース品質に対する信頼性がはるかに高まり、ビジネスへの約束を果たし、顧客にさらなる価値をもたらすことができる」
と説明されていました。
「仮に問題が発生した場合は、Dynatraceで迅速かつ容易に根本原因を特定し、解決することができる。何か問題が発生したとしても最終的に、Dynatraceがリスクを最小化するので失敗を恐れなくなった」
という話が印象的でした。

イベントを通して、DynatraceLLCは、”ハードな仕事を自動化し、楽しく快適な日常を過ごしてもらいたい”と強く訴えていました。

 

最後に、会場の雰囲気を写真を交えてご紹介します。

 
会場に入るとスポンサーブースがぎっしりと並んでいます。ドリンクやフードも大量に並んでいます。

 


メインセッションではこちらの一番大きい部屋を使っていました。
1000人程は収容可能で、初回講演者のDave Anderson氏(SVP)の講演から大いに盛り上っていました。

 


ブレイクアウトセッションの1つです。

 

 
アフターパーティの様子です。会場から少し離れた場所にあるビーチに併設されたクラブのような場所で開催されましたが、
まるでナイトクラブのような盛り上がりでした。

 

次回は2日目の様子をお伝えします。

 

記:営業本部 営業二部 半田 達哉

 


関連ホワイトペーパー

米国で開催された『Perform Las Vegas 2019』で発表された、システム運用の自動化(NoOps)の最新動向、新機能などの重要トピックについて、ホワイトペーパー化してお届けさせていただきます。
下記トピックを掲載しておりますので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

①Dynatrace社が提唱する「Autonomous Cloud Management」
~デジタルトランスフォーメーションに向けたソフトウェアデリバリの自動化と自律運用の実現~
◯システム運用の自動化(NoOps)の最新動向、『Perform 2019』での重要トピックをホワイトペーパー化

②Dynatrace、デジタルエクスペリエンスを強化
~アプリケーションモニタリングからビジネスモニタリングへ~
◯実際のユーザー操作を可視化、デジタルビジネスのUI/UX改善を実現する「Session Replay」とは

③IT運用自動化のための「セルフレメディエーション」(自己修復)の実現事例
~DynatraceとServiceNowの連携による問題検知と修復の自動化~
◯ServiceNow連携によるビジネスサービス運用の自動化の事例をホワイトペーパー化