アプリケーションパフォーマンス管理ソフトウエア Dynatrace■アプリケーションパフォーマンス管理ソフトウエア 「ES/1 NEO APM Dynatrace AppMon」導入事例

複雑化するアプリケーションの運用改善に
マクロミルは、ネットリサーチに強みを持ち、高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニーです。
同社のアプリケーションの仕様は複雑化の一途をたどっており、経験の浅い担当者では問題の切り分けにも時間が掛かっていました。この状況を改善するため、性能管理ソフトウエア 「ES/1 NEO APM Dynatrace AppMon」をご導入いただいた効果について、お話を伺いました。

  • 仕様が複雑なため、問題発生時の切り分けが長時間化
  • 性能分析はスキルの高い担当者に依存
  • 性能分析は複雑な操作が必要となる
  • 数クリックで問題箇所を特定、分析工数の大幅削減を実現
  • 誰でも性能分析ができ、属人化を排除
  • 開発フェーズへの運用展開により更なる性能品質向上に期待

会社概要(株式会社 マクロミルについて)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニーです。
年間25,000件を超える調査実績から培ったリサーチノウハウを基に、企業のマーケティング活動や意思決定に役立つさまざまなソリューションサービスを提供します。

ES/1 NEO APM Dynatrace AppMon導入のきっかけ

問題発生時の分析が誰でもできるように

基幹システムであるネットリサーチシステム”AIRs”のアプリケーションの仕様が複雑化しており、問題の切り分けに時間が掛かっていました。アプリケーション開発経験の浅い担当者でも問題発生時の分析を迅速に行うことが出来るようにするため、ES/1 NEO APM Dynatraceを導入しました。

ES/1 NEO APM Dynatrace AppMonによる分析例

レスポンス遅延時の問題個所をすぐに特定

帳票出力処理で遅延が発生し、開発環境にて負荷テストツールを用いた性能テストを実施しました。
テスト結果の検証にはDynatraceのPurePathが大活躍しました。遅延しているURIと呼出し元のメソッドを紐付けて出力するため、問題箇所がすぐに特定できました。原因は、多数の文字列操作により、メモリの確保・解放に多くのCPU時間を使っていることであり、アプリチューニングにより遅延を解消しました。

レスポンス遅延時の問題個所をすぐに特定

ES/1 NEO APM Dynatrace AppMonによる予防保守

分析工数の大幅削減と属人化の排除

DynatraceのPurePathデータから、数クリックで問題箇所の特定が可能となり、分析工数の大幅削減を実現しました。
今回のケースでは3人日 → 4時間
また、これまでは性能分析はスキルの高い担当者に依存していました。Dynatraceでは、複雑な操作も不要なため、誰でも性能分析ができるようになり、属人化を排除することができました。

今後の展望

更なる性能品質の向上と障害発生時の即時対応

運用フェーズでは、ES/1 NEO CSシリーズにて、リソース情報を基にした繁忙期アクションなどシステム安定稼働に向けた取組みを実施しています。
これに加え、今後は開発フェーズでの更なる性能品質向上のため、ES/1 NEO APM Dynatraceによる性能検証を開発時の標準プロセスに組込みたいと考えています。
また、Dynatraceの真骨頂であるリアルタイム分析は、障害発生時の即時対応でも必ず有効活用できると確信しています。

お客様プロフィール

導入事例:株式会社 マクロミル株式会社 マクロミル
URL:https://www.macromill.com/

※2017年8月掲載