オープンシステム向け性能管理ソフトウェア

Pick Up

利用実績

効果的な性能管理を実現する
オープンシステムのパフォーマンス管理ソフトウェア

マルチプラットフォーム、大規模、分散環境などオープンシステム特有の問題を解決し、無駄なコストや工数をかけずに、効果的な性能管理を実現します。
 
Web上で全サーバーの稼働状況を閲覧できるため、分散された多数のサーバーも一元的に管理できます。

LUiNaデモ

利用効果

150

性能悪化を早期に解決

システムを自動で分析し、問題点を日本語で指摘します。またその解決方法まで提示しますので、性能が悪化した際もすぐに対処することが可能です。
145

ハードウェア増強以外の手段で性能問題を解決

問題点をすぐに把握し、適切なチューニングを行うことで、ハードウェアを増強することなく、性能問題を改善することも可能です。
146

性能悪化を未然に防止

現在の問題点だけでなく、今後問題点になり得る潜在的な問題点も指摘しますので、事前に解決することで性能問題の発生を予防します。また、中長期的な稼働状況を確認できますので、システムの傾向を把握し問題発生前に対策を講じることが可能です。

 

 

147

IT投資コストの最適化を実現

膨大な性能データを効率的に解析できるので、業務量の伸びに応じた適正リソース量を把握でき、精度の高いキャパシティ計画が立案できます。これにより、数値データに裏付けられた計画的投資が行えます。
148

性能管理の工数を大幅に削減

データ取得→加工→分析・評価→報告書作成を全自動で行い、上級SEで2~3週間はかかるシステム評価作業をわずか数分で実行します。問題の有無をすばやく把握し対応策を検討することで、問題解決までの時間・労力・コストを大幅に削減することができます。
149

「性能管理のプロ」を育成

IIMは「販売とはサポートである」をモットーに、製品を売って終わりではなく使い方からチューニング方法まで、サポートを通じて性能管理のノウハウをご提供します。ご自社で性能管理に関する問題を解決できる「性能管理のプロ」を育成するお手伝いをいたします。

特長

144

上級SEでも数週間かかる分析をわずか数分で自動実行

1台あたりわずか数分で分析を実行します。マルチプラットフォーム、大規模、分散環境でも、短時間で問題の一次切り分け、原因の絞込みを行うことができます。
152

多種多様な稼働統計レポートを自動で作成

これまでの15,000サーバーにおよぶコンサルティング実績やノウハウをもとに、性能管理に特化した豊富なグラフや稼働統計レポートを自動で出力します。様々な観点から稼働状況をご確認いただくことで、システムの傾向や潜在的なボトルネックを把握できます。
154

データ収集からレポート作成まで全自動で実行

データの収集、加工からグラフ作成、性能分析までを全て自動で実行します。サーバー台数が多く、マルチプラットフォーム環境であっても、時間、労力、コストを掛けずにレポート作成や問題解決が可能です。
153

充実したサポート

「販売とはサポートである」をモットーに、導入後も常にお客様に満足していただくために各種サポートを用意しています。

システム構成

分析対象となるハードウェアやソフトウェアから収集したデータをもとに、管理用プラットフォームでグラフ作成や評価分析を行います。
分析結果や全てのサーバーの稼働状況をWebよりご確認いただけます。

データ収集から、グラフ作成、評価分析、Webでの結果表示まで自動で行います。

3ページ
3ページ

CSシリーズ構成図

機能

自動分析機能 『チューニングヒント』

 最大24時間を対象に各種パフォーマンスデータを自動解析

 問題点をチューニングヒントとして重要度別に日本語で5段階表示(重要度「1」が最重要)

 分析時間はわずか数分

 

 

es1_cs01
es1_cs01

チューニングヒント

 

 

プロからのアドバイス『システム・チューニングガイド』

 チューニングヒントで指摘されたボトルネックに関する解説や解決方法のヘルプを表示

 指摘事項に不明な項目があっても、最適なチューニング方法を把握可能

 

 

es1_cs02
es1_cs02

システム・チューニングガイド

 

 

プロからのアドバイス『システム・チューニングガイド』

 チューニングヒントで指摘されたボトルネックに関する解説や解決方法のヘルプを表示

 指摘事項に不明な項目があっても、最適なチューニング方法を把握可能

 

 

es1_cs05
es1_cs05

相関判定ナビゲーション

 

 

グラフ・レポート自動作成機能

 システムの稼働状況を日次、月次、年次など、用途にあわせて自動的にレポート出力

 各種テンプレートを用意しているので、システムの特性にあわせたレポート作成が可能

 

 

es1_cs03
es1_cs03

グラフ・レポート自動作成機能

 

 

Webブラウザ表示機能

 ES/1 NEO CSシリーズの出力結果を全てWebブラウザで表示

 閲覧者の権限設定が可能なので、必要な情報を必要な部門が参照できる環境を実現

 経営者への報告、部門内での情報共有をスムーズに実現

 

 

es1_cs04
es1_cs04

Webブラウザ表示機能

詳細機能

製品の詳細については、こちらのページをご覧ください。

 

主な取扱いデータ項目

対象項目
取扱いデータ
Unix
Linux
Windows
IBM i
※1
カーネル、CPU、メモリー、I/O、ネットワーク
VMware
CPU、メモリー、I/O、ネットワーク、ファイルスペース
Hyper-V
CPU、メモリー、I/O
Virtage
CPU、メモリー、I/O、ネットワーク
KVM
CPU、メモリー、I/O、ネットワーク、ストレージ
SAP ERP
CPU、タスク、レスポンス、トランザクション、プログラム、ユーザ、ワークプロセス
WebLogic
WebSphere
Interstage
JBoss
Tomcat
※2
JVM、実行スレッド、JDBC、サーブレット、EJB
IIS
ASP、FTP、Global、Web
HTTPログ
アクセス、レスポンス時間、レスポンスコード
Oracle
インスタンス、バッファ、セッション、DBファイル、テーブルスペース
DB2
CPU、メモリー、I/O、ロック、SQL
SQL Server
バッファ、ページング、I/O、ロック
Symfoware
CPU、バッファ、DBスペース
MySQL
メモリー、ストレージエンジン、SQL、接続、I/O
Packet
ネットワークI/O、TCPセッション、P-to-P
MIB
インターフェース、IP、ICMP、TCP、UDP
AWS
インスタンス、ビリング、S3、EBSボリューム
JP1/AJS
ジョブ
NettApp
Vserver、ノード
外部データ
IIM指定フォーマットにカスタマイズされた任意のデータ項目
 
※1 各OSによって異なります。
※2 各アプリケーションによって異なります。

対象システム

Unix
HP-UX 11i v3 / AIX 7.1~7.3 / Solaris 11.0~11.4
Linux
Red Hat Enterprise Linux 6.0~9.2 / SUSE Linux Enterprise Server 12.0~15.4 /
Oracle Linux 7.0~7.2 / 7.7 / 7.9
Windows
Windows Server 2022 / 2019 / 2016 / 2012 R2 / 2012
IBM i
IBM i 7.2 / 7.3
VMware
VMware vCenter Server 8.0 / 7.0
Hyper-V
Microsoft Hyper-V Server 2016 / 2012 R2
Virtage
BS2000DP=HVM 57-30以上 / BS2000MP=HVM 78-10以上 / BS320=HVM 17-40以上 / BS500=依存なし
KVM
Red Hat Enterprise Linux 6.0~7.6 / 8 かつ カーネルバージョン 2.6.20 以上
 

管理用プラットフォーム

CPU
Xeon 4コア以上
メモリー
16GB以上
HDD
200GB以上
OS
Microsoft Windows server 2022 / 2019 / 2016 / 2012 R2 / 2012
連携アプリケーション
Microsoft SQL Server 2022 / 2019 CU8以降 / 2017 / 2016(Enterprise Edition、Standard Edition)
Microsoft 365 (32bit)
Microsoft Excel 2021(32bit) / 2019(32bit) / 2016(32bit)
Microsoft Word 2021(32bit) / 2019(32bit) / 2016(32bit)
Google Chrome / Microsoft Edge
 
※上記スペックは標準インターバル(15分)でリソースデータ(50台未満)を収集する場合の推奨環境です。

インストール事前作業シート

 対象サーバに対し、「ES/1 NEO CSシリーズ」をインストールする前提条件として、必要情報の記入および事前設定作業が完了しているかの確認を行う為のシートです。
 下記の「インストール事前作業シート」をダウンロードできますので、シートにご記入いただき、弊社担当営業までご送付ください。
 なお、弊社担当営業よりメールにて「インストール事前作業シート」をお受け取りになっている場合は、 ダウンロードはせずにそちらをご利用ください。

 

ES/1 NEO CSシリーズ インストール事前作業シート

 

 

お客様の声

導入前の課題

・コスト削減のため、各サーバリソースの可視化と最適化を図りたい
・ハードウェアの調達に関わるコストの妥当性をも判断したい

導入前の課題

システム統計情報をタイムリーに得られない
・システムの継続的な安定運行及びシステム運用の高度化を図りたい
・ITILをベースに統合運用管理システムを構築したい
 

導入前の課題

・リソース使用率の異変や推移を把握したい
・リソース状況を長期的に把握し問題の兆候を掴みたい

導入前の課題

・日々の稼働データの不足によりサイジングが曖昧なっている
・監視項目の増加による運用コストの上昇
・ログイン時の性能が悪くお客様に満足いただけない

導入前の課題

チューニング作業後の性能報告が増加と、キャパシティ管理のニーズが即時分析へと変化したため、キャパシティ管理の方法を見直したい
・手作業で測定したデータを使用していたため、評価基準について曖昧な点があった

 

導入前の課題

・お客様からの注文処理が遅延する事象がたびたび発生し、システム利用ユーザ(営業部門)からクレームが多発
・障害の頻度が高いため障害の一時対応に追われ、真因の追及、再発防止策まで手が回らない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・システムの稼働報告書をタイムリーに報告

導入前の課題

・仮想基盤に対するリソース分析やパフォーマンス監視が思うように出来ていない
・リソース分析による適切なサイジング、障害発生時の早期対応を実現したい

導入前の課題

環境の変化によるSEの作業負荷の増大
・問題の未然防止ができておらず、後手後手の対応になっている
・報告書の内容が形骸化している

 

 

導入前の課題

設備管理システムの安定運用

導入前の課題

・システムベンダーからの増強提案の妥当性を判断したい
・夜間の月次処理遅延が発生している

導入前の課題

・OSやミドルウェア、パッケージが多岐に亘っているため、稼働状況の把握や問題対応に時間を要している
・障害を未然防止し運用品質の向上したい
・資源を有効活用しコストを削減したい

導入前の課題

・分散化による運用コスト増大
・システム単体の信頼性低下
・各システムごとの稼働状態の指標がない、稼働状況を把握できない

導入前の課題

・ストレージのメーカーを変更した直後、レスポンスが悪化し
・R/3やBWの特性をしっかりと把握できていない

導入前の課題

・約700台のサーバ集約により1台あたりのサーバーの重要度が急激に高まったため、サーバーの性能を管理したい

導入前の課題

限界測定をしたい

導入前の課題

・IIM社が提供する各種セミナーや情報誌を利用して、パフォーマンス管理分野の技術習得を行いたい
・各システムの稼働実績を収集・分析してパフォーマンス上の問題点を把握・改善したい
・稼働状況のトレンドを認識して将来的なサーバの増強計画に役立てたい

導入前の課題

・資源データの収集やグラフ化などの単純作業の工数の増大により、本来行うべきキャパシティ分析に時間が割けない
・お客様への報告のタイミングが遅延してしまう

導入前の課題

顧客へのサービスレベルの安定化を図りたい
・人手不足やノウハウの不在により行えていなかったキャパシティ管理を全社的に実施したい

導入前の課題

・お客様の顧客管理システムにおいて、レスポンス遅延が発生

導入前の課題

・原因不明のままOSがフリーズするという現象が発生

導入前の課題

・「ロードバランサによる振り分け警告」というエラーメッセージを検知

導入前の課題

SAP ERPシステムのオンラインレスポンスが遅い

導入前の課題

自社ホームページへのアクセスが集中し、応答が返ってこないというエラーが発生

導入前の課題

・VMwareで集約したシステムの稼働状況を把握したい

導入前の課題

・全社で使用している承認フローシステムのレスポンスが悪い

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・VMwareにおけるレスポンス悪化の原因が分からない
 

導入前の課題

・客観的根拠に基づいた統合案が策定できない

導入前の課題

・メーカーのリプレース提案が妥当かどうか判断できない

導入前の課題

・人出による月報作成に非常に時間がかかる

導入前の課題

・ストレージを追加せずにVMwareに統合したい

導入前の課題

・DBサーバーのCPU増強提案の検証ができない

導入前の課題

稼働状況の経年変化を分析し、予防保守・改善等に活用するための各種稼働情報を採取・蓄積できていない

導入前の課題

・コスト削減のため、各サーバリソースの可視化と最適化を図りたい
・ハードウェアの調達に関わるコストの妥当性をも判断したい

導入前の課題

システム統計情報をタイムリーに得られない
・システムの継続的な安定運行及びシステム運用の高度化を図りたい
・ITILをベースに統合運用管理システムを構築したい
 

導入前の課題

・リソース使用率の異変や推移を把握したい
・リソース状況を長期的に把握し問題の兆候を掴みたい

導入前の課題

・日々の稼働データの不足によりサイジングが曖昧なっている
・監視項目の増加による運用コストの上昇
・ログイン時の性能が悪くお客様に満足いただけない

導入前の課題

チューニング作業後の性能報告が増加と、キャパシティ管理のニーズが即時分析へと変化したため、キャパシティ管理の方法を見直したい
・手作業で測定したデータを使用していたため、評価基準について曖昧な点があった

 

導入前の課題

・お客様からの注文処理が遅延する事象がたびたび発生し、システム利用ユーザ(営業部門)からクレームが多発
・障害の頻度が高いため障害の一時対応に追われ、真因の追及、再発防止策まで手が回らない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・システムの稼働報告書をタイムリーに報告

導入前の課題

・仮想基盤に対するリソース分析やパフォーマンス監視が思うように出来ていない
・リソース分析による適切なサイジング、障害発生時の早期対応を実現したい

導入前の課題

環境の変化によるSEの作業負荷の増大
・問題の未然防止ができておらず、後手後手の対応になっている
・報告書の内容が形骸化している

 

 

導入前の課題

設備管理システムの安定運用

導入前の課題

・システムベンダーからの増強提案の妥当性を判断したい
・夜間の月次処理遅延が発生している

導入前の課題

・OSやミドルウェア、パッケージが多岐に亘っているため、稼働状況の把握や問題対応に時間を要している
・障害を未然防止し運用品質の向上したい
・資源を有効活用しコストを削減したい

導入前の課題

・分散化による運用コスト増大
・システム単体の信頼性低下
・各システムごとの稼働状態の指標がない、稼働状況を把握できない

導入前の課題

・ストレージのメーカーを変更した直後、レスポンスが悪化し
・R/3やBWの特性をしっかりと把握できていない

導入前の課題

・約700台のサーバ集約により1台あたりのサーバーの重要度が急激に高まったため、サーバーの性能を管理したい

導入前の課題

限界測定をしたい

導入前の課題

・IIM社が提供する各種セミナーや情報誌を利用して、パフォーマンス管理分野の技術習得を行いたい
・各システムの稼働実績を収集・分析してパフォーマンス上の問題点を把握・改善したい
・稼働状況のトレンドを認識して将来的なサーバの増強計画に役立てたい

導入前の課題

・資源データの収集やグラフ化などの単純作業の工数の増大により、本来行うべきキャパシティ分析に時間が割けない
・お客様への報告のタイミングが遅延してしまう

導入前の課題

顧客へのサービスレベルの安定化を図りたい
・人手不足やノウハウの不在により行えていなかったキャパシティ管理を全社的に実施したい

導入前の課題

・お客様の顧客管理システムにおいて、レスポンス遅延が発生

導入前の課題

・原因不明のままOSがフリーズするという現象が発生

導入前の課題

・「ロードバランサによる振り分け警告」というエラーメッセージを検知

導入前の課題

SAP ERPシステムのオンラインレスポンスが遅い

導入前の課題

自社ホームページへのアクセスが集中し、応答が返ってこないというエラーが発生

導入前の課題

・VMwareで集約したシステムの稼働状況を把握したい

導入前の課題

・全社で使用している承認フローシステムのレスポンスが悪い

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・ベンダー提示の統合案ではピークや業務特性が加味されていない

導入前の課題

・VMwareにおけるレスポンス悪化の原因が分からない
 

導入前の課題

・客観的根拠に基づいた統合案が策定できない

導入前の課題

・メーカーのリプレース提案が妥当かどうか判断できない

導入前の課題

・人出による月報作成に非常に時間がかかる

導入前の課題

・ストレージを追加せずにVMwareに統合したい

導入前の課題

・DBサーバーのCPU増強提案の検証ができない

導入前の課題

稼働状況の経年変化を分析し、予防保守・改善等に活用するための各種稼働情報を採取・蓄積できていない

製品を詳しく知る

ダウンロード資料_CS

関連ニュース

2024/05/27

ES/1 NEO CSシリーズ

ES/1 NEO MFシリーズ

LUiNa

性能管理

AI型予兆管理

第2回COTOBA会を6月20日(木)に開催します!

2024/04/05

ES/1 Shelty

Dynatrace

ES/1 NEO CSシリーズ

ES/1 NEO MFシリーズ

性能管理

Tech Report #17を公開しています

関連製品

この製品について問い合わせる